毛穴ケアを極めよう!鼻や頬の毛穴の悩み対策&おすすめの化粧品

毛穴ケアを極めよう!鼻や頬の毛穴の悩み対策&おすすめの化粧品

Thumb?1414295452 muah♪さん

225

年齢を重ねるにつれ悩みが増す毛穴ケア。若い時はニキビ、30代以降はたるみ毛穴や鼻の黒ずみ毛穴などに悩まされる人が多くなります。皮膚科やエステに駆け込まないためにも、今日は毛穴問題や毛穴ケアを徹底解析!おすすめの化粧品までご紹介します。

  • 毛穴トラブルの種類とそれぞれの原因

  • 毛穴トラブルの種類とそれぞれの原因
  • 毛穴のトラブルはその人の体質や毛穴ケアの方法、過ごす環境によって様々です。

    代表的な毛穴トラブルを6つに分け、それぞれの特徴や原因を見てみましょう。あなたの毛穴トラブルはどのタイプに当てはまりますか?


    1.毛穴の開き 
    夏は汗がたくさん出て毛穴がいつもより約1.5倍開きます。また紫外線や強い照明、ストレス、そして日々の洗顔や化粧品など、毛穴は常に激動の変化にさらされています。

    これらの負荷がかかる度に、肌をコーティングして守ろうと毛穴が皮脂をたくさん分泌するため、皮脂腺が発達して徐々に毛穴が広がっていきます。つまり刺激が多い人ほど、毛穴が開きやすくなります。

    2.毛穴の詰まり 
    毛穴が白く詰まっている状態です。毛穴パックで鼻の角栓を取ったり、両サイドから押すとピューッと白いものが出たという経験をしたことがある方も多いでしょう。

    これは古い角質と皮脂が混ざったもので、皮脂汚れや化粧品を毎日きちんと落とさず毛穴ケアが不足していることで起こる現象です。

    3.毛穴の黒ずみ 
    こちらは毛穴がポツポツと黒くなっている状態。俗に言う「ブツブツいちご鼻」の現象です。
    余分に分泌された皮脂や化粧品が酸化して黒く詰まっており、不潔な状態です。

    毛穴ケアをせずに放っておくとなかなか治らない黒ニキビの原因にもなります。また体調が優れない状態が長く続いて代謝が悪かったり、夏に強い紫外線を長時間浴びることでメラニンが蓄積されてしまい、そのせいで黒く見える場合もあります。

    4.たるみ毛穴 
    ただでさえ開き気味だった毛穴が、エイジングによるヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの成分の減少により、更に張りや弾力、保湿力を失って楕円形に垂れ下がってしまったのがたるみ毛穴です。

    小鼻と頬の間によく現れます。たるみ毛穴が悪化するとたるみ毛穴同士が連結してしまい「帯状毛穴」になります。

    5.ニキビ 
    前述の過剰な皮脂などによる毛穴の詰まりや黒ずみは、放っておくとアクネ菌が増殖してニキビになり、炎症を起こして化膿します。
    思春期にニキビが多くなるのは、成長ホルモンの急激な増加による皮脂分泌が原因です。

    大人になってからの吹き出物は、ホルモンバランスの不安定さやストレス、睡眠不足、偏った食事などを原因とする皮脂分泌の活発化によるものです。

    6.Tゾーンのテカリ 
    Tゾーンと呼ばれる額から鼻、顎先にかけてのエリアは毛穴の数が他の部位の約7倍もあり、皮脂の分泌が多く化粧崩れも激しくなってしまうため、毛穴が目立ちます。

    一生懸命Tゾーンの皮脂をあぶらとり紙で取っている人がいますが、逆に皮脂を摂り過ぎてしまうと肌の皮脂コーティングが無くなって水分がどんどん放出されてしまい、乾燥肌になります。

    適度な皮脂分泌量になるよう、身体の内外から毛穴ケアをする必要があります。
  • 正しい毛穴ケアの方法をマスターしよう

  • 正しい毛穴ケアの方法をマスターしよう
  • このように毛穴トラブルには様々な種類があります。それぞれの原因や特徴によって毛穴ケアの方法も変わってきます。

    洗顔回数を増やしたり鼻の毛穴パック頻度を上げても一向に改善しないのは、そのトラブルに合った正しい毛穴ケアをしていないからです。

    では早速、それぞれのトラブル毎の毛穴ケアの方法を見てみましょう。
  • 毛穴のトラブル種別、正しい毛穴ケアの方法

  • 1.毛穴の開きやたるみ毛穴をケアするためには


    汗や皮脂の放出量が多く開いて厚くなってしまった毛穴を、再びキュッと引き締める必要があります。

    そのためには肌代謝を上げて毛穴周辺の細胞にハリと潤いを与え、キメを整えていくことが大切になります。

    ピーリングやスクラブ洗顔料で過度の洗顔をしたくなる気持ちはわかりますが、逆に肌にダメージを与え、より肌を厚くごわごわにしてしまいますから毛穴ケアとしてはNGです。

    一番大切なポイントとなるのは「洗顔の仕方」と「保湿」。たっぷりの泡を作って顔にフワッと乗せ、そっと優しく素早く洗います。手は皮膚に付けないイメージです。これにより泡が余計な汚れを吸着しつつ、必要な皮脂はしっかり残しておいてくれるのです。

    徐々に肌の負担が減り肌代謝が良くなるので、潤いと張りが戻ってきます。「たっぷりの泡で素早く洗う」が毛穴ケア洗顔のキーワードです。

    また洗顔後の保湿はとても重要です。洗顔後出来るだけ早く化粧水を付けますが、特に毛穴が気になる部分は、化粧水を染み込ませたコットンを貼り付けてしばらくおきましょう。

    これにより開いてたるんだ毛穴が潤って張りが出るようになり、キュッと引き締まる力が甦ります。


    2.毛穴の詰まりや黒ずみをケアするためには


    毛穴に詰まっている角栓や鼻周辺の黒ずみは、主に古いたんぱく質や化粧品の残りです。油分よりもたんぱく質の方が多いですから、ホットタオルで温めたりオイルクレンジングで溶かし出そうとしても上手くいかない理由はここにあります。

    まずは今詰まっている角栓を取り除きやすくするために、肌をクリームなどで優しくマッサージして柔らかくします。そして指の腹を使って優しく押し出します。

    角栓の頭が少し飛び出ているものは毛抜きなどで優しく抜きましょう。傷や刺激は厳禁ですので優しく行います。鼻の毛穴パック商品は剥がす時に強い刺激となるので、せいぜい月に1回ペースにしましょう。

    角栓を取ったあとは必ず化粧水や美容液でしっかり保湿をしましょう。これを繰り返すことで徐々に詰まりにくくキレイな毛穴を保てる肌質になっていきます。

    また、最近話題になっているのが炭酸水クレンジング。炭酸の泡にはたんぱく質や皮脂を吸着したり毛穴を柔らかく働きがあるので、鼻の黒ずみや詰まり毛穴にピッタリです。洗顔料を洗い流す時に炭酸水を使ってみましょう。


    3.ニキビとTゾーンのテカリをケアするためには


    ニキビもTゾーンのテカリも過剰な皮脂分泌によるものですから、肌の上にある余分な皮脂を取り除くことが大切です。

    ニキビは潰してしまった方が治りが早いと言う人もいますが、潰した時にばい菌が入り込んで悪化したり、後々跡が残ってしまうことも珍しくありません。潰さないで自然に消えるのを待つのが賢明です。

    余分な皮脂を無くすためには正しい洗顔が大切になってきます。特にニキビは炎症を起こしていますから、たくさんの泡を作って出来るだけ優しく、短時間で洗います。

    長時間洗顔すると、摩擦や石鹸の刺激で肌が傷付き、更に皮脂が取れ過ぎてしまって肌のバリア機能や水分キープが出来ず、危機感を感じた毛穴が再び過剰な皮脂を放出するという悪循環が起こりますから、「優しく、素早く」の毛穴ケアを心掛けましょう。

    ニキビ専用のアクネ菌を抑える洗顔料も各種販売されていますが、特におすすめなのは天然クレイや炭、こんにゃく成分が入っているもの。ニキビの原因となる角栓を吸着させて取り除く力があります。
  • 毛穴のトラブル種別、ケア化粧品の選び方

  • 毛穴トラブルを抱えている人には、通常のものよりも毛穴対策が施された化粧品をおすすめします。毛穴ケアに適した機能や成分など、選ぶ時にポイントになることをチェックしましょう。
  • 1.保湿はビタミンC誘導体が入った化粧水や美容液で!

    出典: https://lh3.googleusercontent.com/-bTIvqODhPVU/WHePyq0UigI/AAAAAAAAOBY/-PjcVSM0BfQnTPU9pH63WZjPqsOc3AvfQCCo/s0/IMG_9239.JPG



    肌の保湿力が足りず弾力を失って、毛穴が開いていたりたるみ毛穴になっている人は、体内でコラーゲンを生成するのを助けてくれるビタミンC誘導体が入った化粧水、美容液での毛穴ケアをおすすめします。

    コラーゲン量が増えると肌に張りとツヤが生まれ、乾燥による皮脂の過剰分泌も防ぐことができ、一石二鳥の毛穴ケアができます。


    2.ベース下地を選ぶ時のポイント


    毛穴の開きやたるみによる凸凹を隠すために、高機能の下地化粧品を使って凸凹をフラットにしましょう。

    しっかり化粧水で保湿をした後、凸凹を無くす役割を持つシリコンが配合された下地を使ってカバーすれば、その上に塗るファンデーションは凸凹しなくなります。

    3.コンシーラーを選ぶ時のポイント


    鼻の黒ずみ毛穴やニキビで赤くなってしまった毛穴を隠したい時は、スティックタイプのコンシーラーの使用をおすすめします。皮脂や汗が多い部分でも崩れにくく馴染みます。


    4.ファンデーションを選ぶ時のポイント


    毛穴ケアをしながら毛穴をカバーしたい人には、リキッドファンデーションがおすすめです。

    パウダータイプよりもカバー力があり肌に密着してくれるので、薄付きでも毛穴をしっかりカバーしてくれます。

    5.仕上げのフェイスパウダーを選ぶ時のポイント


    メイクの仕上げにフェイスパウダーを付けて総仕上げする人が増えています。

    フェイスパウダーは微細な粒子がしっかりと毛穴をカバーするので、凹凸や色を自然にカモフラージュしてくれるのです。マットタイプのフェイスパウダーがおすすめです。
  • 【毛穴のトラブル種別、おすすめ化粧品の紹介】

  • 1.毛穴の開きやたるみ毛穴の人に
  • BCL/「スキンフラットCCコンシーラー スキンベージュ」

  • BCL/「スキンフラットCCコンシーラー スキンベージュ」

    出典: www.bcl-brand.jp

  • 凸凹毛穴を埋め込み、自然な素肌っぽさを演出してくれるコンシーラー。
  • 2.黒ずみ毛穴やニキビの人に
  • エスティ ローダ/「ダブル ウェア ステイ イン プレイス」

  • mai*さん(@mai_csm)がシェアした投稿 -


    驚くほど薄付きなのにカバー力抜群のリキッドファンデーション。鼻の黒ずみ毛穴や赤ニキビもスーッと消してくれます。
  • 常盤薬品工業/NOV ACアクティブシリーズ

  • 常盤薬品工業/NOV ACアクティブシリーズ

    出典: noevirgroup.jp

  • 大人のためのにきび肌ケアシリーズ。

    過剰な皮脂や汚れを浮き上がらせて落としてくれるメイク落としや、オイルフリーの洗顔フォーム、保湿力の高い化粧水、ビタミンC誘導体が入った乳液など。

    にきびの原因にしっかり対処しながら、美白・キメ・毛穴の黒ずみ・肌の凹凸などの美肌ケアもできます。
  • 毛穴ケアをする時の注意点 

  • 1.「下から上へ」が基本
    化粧水や美容液、そしてリキッドファンデーションなどを塗る時もそうですが、毛穴ケアをする時の手の動かし方は「下から上へ」がおすすめ。毛穴が開いたり弛んだりしている人は、肌の弾力や保湿力が衰えている証拠です。重力に負けているわけですから、その重力に逆らって上にマッサージしてあげるイメージで手を動かすと、毛穴にも締まりが出てきます。

    2.化粧品の厚塗りで隠すのはNG
    毛穴を隠そうとクリームやファンデーションを厚塗りする人がいますが、やめましょう。塗れば塗るほど毛穴が厚く塞がれて新陳代謝が下がるので、毛穴は呼吸困難状態に陥り、いわば溺れそうな状態になります。もがき苦しんでより代謝を上げようと、更に過剰に皮脂を出そうとします。悪循環を断つためにも、肌そのものの改善に時間を割くのが毛穴ケアの正攻法です。

    3.毛穴に刺激を与えない
    各所でも触れていますが、毛穴は刺激がある度に開き、より皮脂を分泌します。ピーリング、あぶら取り紙、頻繁な洗顔、ホットタオルなど、どの毛穴ケアも度を超すと逆効果になります。短時間で優しい毛穴ケアを心掛けましょう。なるべく触らないことが大切です。
  • 体の内側から毛穴ケアをする方法

  • 毛穴ケアを台無しにする悪い食生活は、油で揚げたスナック菓子やインスタント食品、コーヒー、体臭がキツくなる肉類、そして甘いデザートです。糖分を過剰に摂取するとその糖質を代謝するためにビタミンB1が使われてしまい、ビタミンB1が持つせっかくの肌荒れ改善機能が、肌のために使われなくなってしまいます。では、逆にどんな食べ物を摂取すると毛穴ケアにつながるのでしょうか。

    1.毛穴が乾燥してたるみ毛穴が出来ているタイプの人 
  • 化粧品が合っていなかったり、洗顔をし過ぎていたり、暑すぎ寒すぎなどの外的要因によって肌全体が乾燥し、毛穴周辺もポロポロと粉を吹いている人は、身体の内側から良質のオイル成分を摂ることをおすすめします。

    特に今女性の間で人気なのは、別名食べる美容液とも言われる「アボカド」や「オリーブオイル」、「ナッツ類」。どれも植物性油のため身体に良く、ダイエットの妨げにも殆どなりません。またニキビなどにも影響しにくいと言われています。

    また、ビタミンB1は肌の乾燥や代謝の促進に活躍するので、多く含まれているホウレン草や玄米などがおすすめの食材です。

    2.皮脂の分泌が多くいつも顔がテカったりニキビができやすい人 
  • 皮脂の分泌を抑えたい人におすすめなのがビタミンです。ビタミンにはいろいろな種類がありますが、特にビタミンB2とB6が皮脂分泌をコントロールする役割に長けており、積極的に摂りたい栄養です。

    ビタミンB2が多く含まれる食材は納豆やレバー、うなぎなどで、ビタミンB6を多く含むのは魚やヨーグルト、チーズなどです。
  • まとめ

  • まとめ
  • いかがでしたか?
    様々な毛穴トラブルと、それぞれに適した毛穴ケア、おすすめの化粧品についてご紹介しました。

    自己流では改善が見られなかった皆さん、今日から早速、毛穴ケアに対する気持ちを入れ替えて、前向きにケアしていきましょう。
毛穴ケアを極めよう!鼻や頬の毛穴の悩み対策&おすすめの化粧品
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事