女性なら仕方ない?幸せそうな友人をみると気持ちが焦ってしまう

女性なら仕方ない?幸せそうな友人をみると気持ちが焦ってしまう

Thumb?1414295452 muah♪さん

469

女性のライフステージは、男性とは違って、さまざまな変化があります。男性は、新卒で入った会社に一生勤める人も多いですが、女性はライフステージの変化によって変わってきます。女性にしかできないこともあるので、仕方ないですが、やはり変化していく女性を見ていると焦ってきてしまいますよね。


  • 結婚

  • 結婚
  • 女性はある程度の歳になると、結婚したい!と思う人も多いと思います。好きな人とずっと一緒にいたいとか、年齢的なものでとか、親が安心するとか、理由はさまざまです。女性が最初に突き当たる壁は結婚です。恋愛は経験が必要だったり、毛嫌いしていたり、今までの生活の中で出会いがないと、なかなか付き合うことになりません。その付き合いの延長線に結婚があります。結婚したい!と思ってもすぐにできないころでが辛いところです。結婚が恋愛の延長線なら付き合う期間で相手のことを知りたいし、それがだめなら次の相手ですが、そんなに簡単に相手は見つかりません。そういった面では、結婚相談所もひとつの方法かもしれません。恋愛ではなく、結婚する事が目的で人と出会っていく。目的を達成するために出会うのは少し切ないですが、付き合っている間に好きになるかもしれません。二人の向かっている方向は同じなので、付き合う期間は短くても、結婚までの道のりは難しくないかもしれないです。
  • 子供

  • 子供
  • さて、結婚したとしても、子供がいるかいないかでもだいぶ違ってきます。子供がいない人で子供がほしい人は、子供がいる人を見ても焦ってしまいます。また出産する事は、女性にしかできないことです。最近では晩婚化が進んで、初産の平均年齢が30歳を過ぎています。会社には女性をサポートする会社が少ないので、仕事に夢中になっているとどんどん遅れていき、これからも遅くなっていくことが予想されます。その一方で、不妊治療とという言葉が一般的になってきました。人気の病院には診察に1時間以上待って、適齢期の女性たちが診察を待っています。年齢を重ねることで、確実に可能性は減っていきます。焦ってもどうにかなることではありませんが、難しい問題です。
  • 持家

  • 持家
  • 結婚してしばらくは賃貸でもよいですが、賃貸と住宅のローンでもあまり変わりないことに気づいて、家を買う人も多いです。やはり持家は憧れであり、自分の家を持つということはとても充実感があります。家を買ったと聞いたり、住所が変わりましたと報告のハガキが届くと、焦ってしまう気持ちになります。
  • 最後に

  • 最後に
  • 女性にはたくさんのライフステージがあります。結婚する相手よっては住む場所を引っ越したり、子供ができにくかったり、家を建てる経済状況じゃなかったり、その時々で変化を強いられたり、困難にぶちあったりすることもあります。女性だけで焦っていても解決できることもありません。二人で解決する方向に向かっていくことも大切です。また、人と比べて焦っていても、実際そのもの手に入れても自分自身が幸せじゃないかもしれません。自分の気持ちをよくわかったうえで、マイペースに幸せに向かっていってほしいです。
女性なら仕方ない?幸せそうな友人をみると気持ちが焦ってしまう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事