別れるべき?倦怠期になった場合の対処法

別れるべき?倦怠期になった場合の対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

210

恋人と長く付き合っていると、二人の仲を分かつ、ある問題が出てきます。それは倦怠期です。
倦怠期とは、ちょうど物事に飽きてしまう時期のことを指します。つまり、これを恋人関係で言えば、互いに相手と付き合っていることに飽きてしまい、付き合ったばかりの頃の愛情を持てない時期、ということになるのです。
当然、このような時期が長く続けば、互いに別れを考えるようになるのですが、はたして倦怠期に入ってしまったら、恋人と別れるべきなのでしょうか?

  • 倦怠期は誰にでも訪れるもの

  • 倦怠期は誰にでも訪れるもの
  • 倦怠期というと、ものすごく悪いことのように思ってしまいますが、倦怠期とは長く恋人と付き合っていれば、必ず訪れるものです。
    そしてそれは長年連れ添った夫婦でも同じことなのですが、必ずしも倦怠期が訪れた夫婦が別れるわけでもありません。むしろ、恋人から家族になったという感覚すら持つ人も存在し、倦怠期を好意的に受け止める人もいます。
    そのため、倦怠期は必ずしも悪いものというわけではありません。次のステップに向かうための時期、と言うこともできるのです。
  • 倦怠期には二種類ある

  • 倦怠期には二種類ある
  • 倦怠期を好意的受け止める人もいれば、嫌だという人もいるのですが、この違いは、倦怠期自体に違いがあることが原因です。実は倦怠期には、プラスの倦怠期とマイナスの倦怠期が存在します。

    プラスの倦怠期は、お互いの関係性に飽きたというよりも、一緒にいることが自然になったという感覚があります。言ってみれば、恋人から家族になった、というようなことで、確かに恋人の時のようなドキドキ感は少なくなりますが、その分安心感を感じられるようになるのです。

    逆にマイナスの倦怠期は、ただただお互いの存在に飽きたというようなものです。一緒にいることで何も感じず、この人と一緒にいるくらいならば、何か別のことをしたい、と思うようになります。
  • マイナスの倦怠期になったら別れるべき

  • マイナスの倦怠期になったら別れるべき
  • プラスの倦怠期であれば、そのままの関係を続けていくか、もしくは結婚するべき、ということが言えますが、マイナスの倦怠期の場合、早く別れるべきです。
    それ以上関係を続けても、何の意味もありませんし、相手も同じことを思っているはずだからです。
  • 自分から別れを切り出すべき

  • 自分から別れを切り出すべき
  • マイナスの倦怠期に入っているにも関わらず、別れない人は、なんとなく一人が淋しいという人や、自分から別れ話をするのが嫌だ、という人が多いです。

    しかし、そのままその彼氏と付き合っていても、先は望めないわけですから、時間の無駄です。
    相手も自分から別れを切り出しにくいと思っていることもあり、そのような場合は無駄な関係がダラダラと続いていくことになってしまいます。
    早めに自分から切り出し、別れるべきです。
  • 彼氏候補を見つける前に動こう

  • 彼氏候補を見つける前に動こう
  • 彼氏と別れる前に、次の彼氏にするべき彼氏候補を見つけてから別れようとする人がいますが、あまりこの方法はオススメできません。
    というのも、やはり人は恋人がいないからこそ、恋人が欲しいと思うものだからです。

    既に恋人がいる状態だと、そのためのモチベーションが湧かず、結局は新しい彼氏候補ができないまま、今の関係を続けることになってしまいます。
    彼氏が常にいないと淋しいという気持ちは理解できますが、そうタイミングよく新しい彼氏候補が現れるとも限らないので、早めに今の彼氏とは別れるべきです。
  • 倦怠期の種類が彼氏と一致していないことも

  • 倦怠期の種類が彼氏と一致していないことも
  • マイナスの倦怠期の場合は別れるべきではありますが、必ずしもその感覚が彼氏とあなたで同じであるとは限りません。
    もしかしたら、彼氏だけがマイナスの倦怠期だと思っており、あなたはプラスの倦怠期と捉えている場合もあるのです。
    もしもそのような状況になってしまったら、あなたはいつか急に彼氏に捨てられる、ということになってしまいます。そのため、倦怠期の種類が彼氏と一致していない場合、あなたは倦怠期を打破するために、動き出す必要があるのです。
  • いつもとは違うデートをする

  • いつもとは違うデートをする
  • 倦怠期を乗り越えるためには、彼氏との付き合いの中に新鮮さを入れる必要があります。そのため、毎日お決まりの場所、お決まりのコースでデートをしているという人は、今までとは違うデートをしてみましょう。
    いつも彼氏がデートを決めているのであれば、「いつもお世話になっているから」と言って、あなたがデートを仕切っても良いですし、旅行などをしても構いません。とにかくいつもとは違うことをやりましょう。
  • 時間を置いてみる

  • 時間を置いてみる
  • 倦怠期が悪化してしまう原因は、頻繁に会い過ぎていることが原因の場合もあります。
    そのため、あまりにも頻繁に会っているという人は、少しの間、時間を置いてみたほうが良いです。
    そうすることで、互いに会うことが新鮮に感じられるようになり、倦怠期のような飽き飽きとした空気がなくなるようになります。ただし、あまりにも会わな過ぎると逆効果ですので注意しましょう。
  • まとめ

  • まとめ
  • 倦怠期について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

    結局大切なのは、その倦怠期がどのような種類なのかを判断することです。それによって、別れるべきかどうかということは変わってきます。
    そのため、まずは今自分がどう思っているのか、そして彼氏はどのような種類の倦怠期だと感じているのか、ということを確認しましょう。それができれば、倦怠期が訪れた時に、正しい判断をすることができるようになります。
別れるべき?倦怠期になった場合の対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事