食後のコーヒーは飲むべき!?コーヒーとダイエットの気になる関係

食後のコーヒーは飲むべき!?コーヒーとダイエットの気になる関係

Thumb?1414295452 muah♪さん

1448

コーヒーとダイエットの関係は、あまり知られていない気がしますが、関連性はあるのでしょうか。
カロリーとともに挙げていきます。


  • コーヒーのカロリー

  • コーヒーのカロリー
  • コーヒーはブラックで100MLあたり4,5カロリーです。
    ただコーヒー単体で苦手な人も多く、フレッシュや牛乳、砂糖を入れる人も多いです。
    その後から追加する分でカロリーが上がってきます。
    フレッシュや砂糖入りだと、1杯60、70カロリーとなります。
    コーヒー単体ですとカロリーは低いですが、付加する分でだいぶ高くなります。
    また、一緒にお菓子を食べたりするとその分のカロリーが増えることになり、ブラックではなくチョコレートやキャラメル、生クリームでデコレーションしてあると、その分だけカロリーは高くなります。
    ブラックで単体で飲むならカロリーは低い飲み物です。
  • コーヒーに含まれる成分、クロロゲン酸

  • コーヒーに含まれる成分、クロロゲン酸
  • コーヒーに含まれるクロロゲン酸という成分は、脂肪燃焼を助けると言われています。
    コーヒーを飲んで効果が出始めるのは約20分あとですから、運動する20分前にコーヒーを飲むと、その後の運動に効果的ですね。
    特に運動することを決めていなくても、食後にコーヒーを飲んでその後散歩などをすると、自然に脂肪燃焼を助けることになります。
    朝食と昼食の後に飲むのは良いのではないでしょうか。
  • コーヒーに含まれる成分、カフェイン

  • コーヒーに含まれる成分、カフェイン
  • コーヒーに含まれる成分でカフェインは有名です。
    朝コーヒーを飲んで眠気さましに利用したり、昼食後に眠くなるのを防ぐためにコーヒーを飲んだりと、眠気を取るためにコーヒーを飲む事が一般的に知られています。
    それと同時に、カフェインは利尿作用があります。
    簡単にいうとトイレが近くなるという事です。
    そして血行もよくしてむくみが解消されていきます。
    むくみは見た目を太く見せてしまいます。
    朝履く事が出来たブーツが夕方に履く事が出来なくなるのは、むくみのせいです。
    それだけの量足が太くなっていると言えます。
    見た目を細く見せたいダイエットにはむくみは大敵です。
    カフェインはむくみを解消していくと言えます。
  • 飲む量や時間帯を工夫してダイエット!

  • 飲む量や時間帯を工夫してダイエット!
  • コーヒーは飲みすぎは良くないので、1日2,3杯が限度です。
    しかし飲む時間に工夫することによって、ダイエットに効果的にコーヒーを飲む事が出来そうです。
    そして、実際にダイエットに利用するためにはブラックのタイプが望ましいです。
    ついついコーヒーがおいしくて間食が進んでしまってもよくありません。
    コーヒーは特別な飲み物ではなく、簡単に購入する事が出来ますから、生活の中に取り入れてみるのもいいかもしれませんね。
食後のコーヒーは飲むべき!?コーヒーとダイエットの気になる関係
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事