リバウンドなし&代謝力UP!1日3杯のコーヒーで楽々ダイエット

リバウンドなし&代謝力UP!1日3杯のコーヒーで楽々ダイエット

Thumb?1414295452 muah♪さん

487

20代前半までは2~3kgの体重増加は少しの食事制限や運動で元に戻すことが可能です。
しかし20代後半以降になってくると同じ体重増加でも減らすことが難しく感じる方が多いのではないでしょうか。
20代後半~30代の女性が少しずつ太っていってしまう理由は加齢によって代謝能力が落ちることと運動する機会の少ない生活環境が重なることにあります。
忙しい女性にも1日に数回はほっと一息いれる時間はあるはず。
その時はぜひコーヒーを飲むことをおすすめいたします。
コーヒーを正しく飲むことで、辛い運動なし・リバウンドなしのダイエットが可能になるのです。


  • 有効成分がしっかり含まれていて低カロリー

  • 有効成分がしっかり含まれていて低カロリー
  • コーヒーに含まれるダイエット有効成分で主なものは二つ。カフェインとクロロゲン酸です。
    カフェインといえば覚醒作用が思い浮かびますが、脂肪分解作用もあるのです。
    食事で摂った脂肪分を分解し血中に流し、活動する際のエネルギーに変換します。さらにカフェインには解毒作用も。利尿作用はもちろん大腸にも働きかけるためお通じが良くなることも多いです。
    クロロゲン酸は内臓や皮下脂肪に中性脂肪が溜まることを防ぐ力があります。30代以降(特にお酒を飲む方)気になる脂肪肝予防にうってつけです。
    また紫外線やストレスで発生してしまう活性酸素を細胞から除去する働きもありアンチエイジング効果も期待できます。

    ダイエットにはもちろんブラックが良いですが、時には砂糖やミルクだって入れたいですよね。
    「砂糖やミルク入れちゃったら清涼飲料水やジュースと一緒で意味ないのでは?」と思う方もいるでしょう。でも大丈夫です。コーヒー自体のカロリーが低いのです。砂糖・ミルクを入れても以下の通りです。

    [注:通常コーヒーカップ1杯分です。]

    ブラックコーヒーのカロリーは6~8kcal
    砂糖入り(小さじ1杯程度)コーヒーは30kcal前後
    ミルク入り(市販の小分けタイプ1個)は20kcal前後
    砂糖・ミルク入りは40kcal前後
  • 80℃で入れたコーヒーを1日3~4杯

  • 80℃で入れたコーヒーを1日3~4杯
  • ダイエット効果を最大限に引き出すには温度が大切です。ドリップする際、沸騰した熱湯は避けましょう。含有成分のクロロゲン酸は高温に弱いのです。
    入れてすぐに飲める80℃位の湯を使います。コーヒー豆も深炒り焙煎(熱がしっかり加えられている)より浅炒りのもがおすすめです。

    飲む回数は3回の食事+ティータイムに分けて3~4杯が良いです。多くでも5杯。カフェインは過剰に摂取すると自律神経が不安定になったり頭痛・吐き気等の体調不良を引き起こすからです。

    ※インスタントコーヒーにもクロロゲン酸は含まれていますが含有量は少なくなります。時間がない方は80℃のお湯でインスタントコーヒーを入れても効果はありますよ。
  • 生理前の食欲抑制にも

  • 生理前の食欲抑制にも
  • コーヒーの脂肪燃焼効果は活動の約30分後からです。運動、掃除や入浴の30分前にコーヒーを飲むのも効果的です。
    またコーヒーは満腹中枢を刺激する働きがあるので、食事と食事の間にくる空腹感を抑えるには砂糖を入れたコーヒーがおすすめ。
    ダイエット中の「小腹減り」を我慢するのは結構ストレスですね。
    特に生理前の食欲に悩む女性は多いはずです。
    砂糖を入れたコーヒーを飲んで空腹を紛らわした後、運動をすれば一石二鳥です。
  • 適量を守って美味しく楽しくダイエット

  • 適量を守って美味しく楽しくダイエット
  • 「美味しいコーヒーを食後や運動前に飲んでいたら痩せてきた!」
    効果が見えてくるともっともっと痩せたいと思ってしまうかもしれません。
    カフェインには中毒性あってついついコーヒーの量が増えてしまうのが危険。
    過剰なカフェイン摂取は精神不安、頭痛、貧血、胃腸の不調の原因になります。
    くれぐれも適量を守ってあせらず楽しみながらダイエットをしましょう。
リバウンドなし&代謝力UP!1日3杯のコーヒーで楽々ダイエット
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事