こめかみ付近が痛む 偏頭痛解消のツボ

こめかみ付近が痛む 偏頭痛解消のツボ

Thumb?1414295452 muah♪さん

563

頻繁に起こる頭の痛みに悩まされているという人は少なくありません。
頭が痛いと、物事に手が着かなくなり、集中力が下がってしまいます。
もし、側頭部の痛みがよく起こるなら、それは偏頭痛かもしれません。
偏頭痛は、頭の片側、もしくは両側のこめかみ付近が、脈を打つようにズキズキと痛む症状があります。
痛みは数時間から数日間にわたり、月に数回、多い人では週に数回起きる事が特徴です。
症状の重い人は、吐き気を催したり、起きていられなくなったりします。
日常生活に支障をきたさないためにも、なるべく症状を予防・緩和したいものです。


  • 出典: www.google.co.jp

  • 偏頭痛は、何らかの原因で頭の中の血管が拡がり、炎症が起こる事で発症します。
    頭が痛み始めたら、痛みを感じるこめかみ付近を氷枕等で冷やすようにしましょう。
    逆に温めてしまうと、頭の血管が拡張してしまうため、更に痛みがひどくなる可能性があります。
    もし、手近に冷やすものがなければ、ツボ押しも効果的な手段です。
    自分の指やペン先等ででき、準備するものがほとんど無いので、手軽にできるのが特徴です。
    体の中には頭痛に効くツボがいくつかあります。
    頭の頂上にあるくぼみには、「百会(ひゃくえ)」と呼ばれるツボがあります。
    頭痛の他に、肩こりや鼻づまりにも効果が現れます。
    目尻からこめかみ方向にずれたところにあるくぼみには、「太陽(たいよう)」があります。
    首の後ろの横で、髪の毛の生え際付近にあるくぼみには、「天柱(てんちゅう)」があります。
    どちらも疲れ目や、肩こりにも効果のあるツボです。
  • 出典: instagram.com

  • 頭や首回りだけでなく、腕や脚にもツボがあります。
    腕の手の甲側の中心で、手首から親指2本分移動したところに「外関(がいかん)」、足の親指の付け根から骨に沿ったところにある、骨の出っ張り部分に「公孫(こうそん)」があります。
    刺激をする時は、呼吸に合わせてゆっくりと、吐く時に力を入れ、吸う時に力を抜くようにしましょう。
    ぎゅうぎゅうと痛いくらいに押した方が効果があるように感じる人もいますが、逆に身体が緊張してしまい、逆効果になります。
    痛気持ちいいくらいの力で刺激する方が効果的です。
  • 出典: instagram.com

  • 頭の痛みをそのままにしていると、痛みが新たな痛みを呼び込み、症状が悪化する恐れがあります。
    痛みが始まったら、なるべく早く対処をする事が重要です。
    また、一度症状が起こると繰り返す事が多いため、慢性的に傷む事も良くあります。
    一度生活習慣を見直し、症状の発生を防ぐようにしましょう。

こめかみ付近が痛む 偏頭痛解消のツボ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事