急にこめかみが痛くなるような頭痛への対処法

急にこめかみが痛くなるような頭痛への対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

1917

頭痛と言っても、頭が締め付けられるような感じがずっと続くという方や目の奥が痛むという方など、人によって症状が違います。
そうした頭痛の中でも、こめかみが痛くなるタイプに関して考えてみましょう。


  • 出典: www.google.co.jp

  • まずこめかみが痛くなるタイプで考えられるのは片頭痛です。
    ずきずきとした痛みがこめかみ付近に出る他、吐き気も同時に起こる場合もあるのが特徴で、女性に多く見られます。
    騒音や光などによる刺激、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、天候の変化、寝不足や寝過ぎなどといった様々なものが誘因となって脳の血管が拡張を起こし、その周囲にある神経を刺激する事で痛みがでるのです。
    対処法としては患部を冷やす事で血管の拡張が抑えられますので、痛みの緩和に繋がります。
  • 出典: instagram.com

  • また血管収縮作用のあるカフェインが含まれたコーヒーなどを摂取する事も効果的ですが、日常的に過剰摂取していると逆に痛みを引き起こす要因となる場合もありますので注意しましょう。
    ビタミンB2やマグネシウムを日頃から積極的に摂取することが予防にも繋がりますので、これらが豊富な昆布やひじき、納豆、レバーなどを日々の食卓に取り入れるのもおすすめです。
    同じこめかみの痛みでもずっしりとした締め付けるような重い痛みの場合は緊張性頭痛である可能性が高く、この場合は長時間同じ姿勢を続けるなどして筋肉にこりがでたり、心身にストレスがかかっている事が原因となって起こっています。
    このような場合は頭や首、肩などの筋肉をほぐすべく、ストレッチをすると良いでしょう。
    また血行改善の為に首や肩を温めるのもおすすめです。
  • 出典: instagram.com

  • ただこうした慢性的な頭痛だけでなく、急にこめかみが痛くなるような場合には他の病気が原因であることも考えられます。
    急に激しい痛みが出た場合にまず考えられるのはくも膜下出血の可能性です。
    脳はくも膜と軟膜で覆われていますが、脳動脈瘤が破裂するなどして破れた血管から血液がこのくも膜と軟膜の間に流れ出るのがくも膜下出血で、どう出血するかによって痛みは異なるものの、かなり激しい痛みが出るのが特徴です。
    場合によっては痙攣や嘔吐などの他、意識がなくなるケースもあり、最悪の場合には命が危険にさらされるほどの病気ですので、これまでにないような痛みがある場合には病院に行って診察を受けるようにしましょう。
    くも膜下出血以外では脳出血、脳腫瘍、脳動脈解離、慢性硬膜下血種などといった病気も考えられますので、たかが頭痛と放置しておくのではなく、きちんと対応するようにして下さい。

急にこめかみが痛くなるような頭痛への対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事