毎日こめかみが痛む原因は慢性の頭痛かも

毎日こめかみが痛む原因は慢性の頭痛かも

Thumb?1414295452 muah♪さん

1687

毎日なんとなくこめかみが痛む方は慢性頭痛の可能性があります。これは疾患などがないのに痛みがあらわれるもので、片頭痛・群発・緊張型の3つに分けることができて、それぞれに異なる特徴があります。こめかみが毎日痛むようであればそれは片頭痛かもしれません。


  • 出典: instagram.com

  • 片頭痛は頭の一部に脈打つような痛みが起こるもので、男性よりも女性に多く見られます。痛みが起こる前には前兆がある場合もあり、目がチカチカして光に過敏になる、あくびが頻繁になる、肩こりがひどくなる、視界の一部が欠けるといったことが起こります。片頭痛がひどくなると吐き気をもよおすこともあるため、痛みが発生した時にはあまり動かずに横になり安静にしてください。
    痛みが起こる原因は正確には解明されていないのですが、現在の段階では2つの説が有力です。一つ目は脳内の三叉神経が刺激を受けた時に分泌された物質が、血管を拡張させたり炎症を起こして神経に痛みを起こすというもの、二つ目は血液を収縮させる作用のあるセロトニンが分解される過程で、血管が元に戻って拡張する際に痛みが起こるというものです。痛み発症のメカニズムは異なりますが、どちらの説も血管が拡張していることで痛みが起こるとしています。
  • 出典: instagram.com

  • また、痛みを誘発する原因として、睡眠不足や睡眠過剰、ストレスや緊張などがあります。さらに痛みの発生と天候は密接に関係していて、低気圧や日中と夜間の温度差が激しい時、天候の変化などに対しても痛みが発生することがあります。
    慢性的なこめかみの痛みを予防する場合は、血管を拡張する食べ物も控えるようにしましょう。赤ワインなどのお酒やソーセージなどの痛みを誘発するものとされていて、成分的に言うとアルコールやポリフェノール、亜硝酸化合物などが該当します。反対に血管を収縮する作用のあるものも痛みを起こすとされていて、代表的な食べ物には、チョコレートやチーズ、コーヒー・紅茶、スナック菓子などがあり、成分としてはカフェイン・グルタミン酸ナトリウム・チラミンがこれにあたります。
  • 出典: instagram.com

  • 痛みが毎日のように起こると、市販の鎮痛剤などで抑えてしまいがちですが、薬を服用する頻度が高くなると依存症になってしまったり、薬が効かなくなるといったことが起こります。こうした場合は早めに頭痛外来を受診して、予防薬を処方してもらうようにしましょう。あまりにも痛みが激しい時は他の疾患が隠れていることも考えられるため、念のため医療機関で診察を受けるようにしてください。

毎日こめかみが痛む原因は慢性の頭痛かも
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事