UVカット機能サングラスとコンタクト併用の効果的な仕組み

UVカット機能サングラスとコンタクト併用の効果的な仕組み

Thumb?1414295452 muah♪さん

487

紫外線対策というと、日焼け止めなど肌へのさまざまな対策が思い浮かぶ人は多いでしょう。外線は、強すぎると角膜や白目を覆う結膜にダメージを与えるだけでなく、長時間長期にあたっていると、白内障や黄斑変性などの病気につながります。このように有害な紫外線をブロックするUVカット機能サングラスや、メガネ、コンタクトレンズを使う習慣をつけ、毎日の紫外線から目を守る必要があるでしょう。


  • 紫外線による目への影響

  • 紫外線による目への影響
  • 紫外線対策というと、日焼け止めなど肌へのさまざまな対策が思い浮かぶ人は多いでしょう。しかし、目の対策をするという意識はまだまだ低い日本です。西洋人は瞳の色が薄いため、サングラスをかけて目を保護する習慣がありますが、日本では装飾品としての意識が強く、「気取っている」などの考えから、利用しない人が多いようです。
    紫外線は、強すぎると角膜や白目を覆う結膜にダメージを与えるだけでなく、長時間長期にあたっていると、白内障や黄斑変性などの病気につながります。このように有害な紫外線をブロックするUVカット機能サングラスや、メガネ、コンタクトレンズを使う習慣をつけ、毎日の紫外線から目を守る必要があるでしょう。
  • コンタクトレンズの選び方

  • コンタクトレンズの選び方
  • コンタクトレンズのUVカット機能の仕組みは、紫外線吸収剤が含まれていることにあります。UVカット機能を備えたレンズは沢山ありますが、そのカット率はレンズの素材によっても異なるようです。例えば、シリコーンハイドロゲル素材とHEMA素材では、紫外線B波のカット率は99%と97%でそれほど差がないものに、紫外線A波のカット率は96%と81%というように、シリコーンハイドロゲル素材の方が高いとされています。
    このカット率が示すように、UVカット機能コンタクトレンズは十分な効果を持つことがわかっていますが、弱点もあります。それは黒目を保護することはできるけれども、白目を保護することはできないということです。そのため、UV機能サングラスやメガネの代替えになるとはいえません。
  • サングラスの弱点

  • サングラスの弱点
  • しかし、サングラスやメガネにも弱点はあります。それは、紫外線の反射という仕組みによって、メガネのすき間に回りこんで目に入ってくる現象が起こることにあります。横から入ってきた紫外線は、角膜で屈折し目の鼻側の部分や水晶体に集中的にあたります。サングラスなどで全体的な保護はできているものの、集中してしまった部分はサングラスをかけていない時よりもダメージを受けることになるのです。
    このような現象を防止するために作られたサングラスもありますが、頬のラインから覆うような、目と頬骨の湾曲にあう、すき間を作りにくい大きなものを使うのも効果的です。
    また、UVカット機能サングラスをかけ、その下にUVカット機能コンタクトレンズを使用するとさらに効果が高まります。
    ただし、コンタクトレンズの長時間装着はドライアイを招きます。ドライアイになると紫外線の影響を受けやすくなりますから、装着時間には注意しましょう。
UVカット機能サングラスとコンタクト併用の効果的な仕組み
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事