子どもが産まれたらパパがやるべきこと~ママの子育てイライラ解消法~

子どもが産まれたらパパがやるべきこと~ママの子育てイライラ解消法~

Thumb?1414295452 仁井田 明美さん

307

新米ママ、新米パパには、あまりピンと来ないかもしれませんが、赤ちゃんがやってきたら、それはもう我が家は、あまーい新婚生活とは真逆!
赤ちゃん社長様につかえ、バタバタで24時間年中無休のブラック企業に早変わり!

この時、二人三脚で乗り越えていけるかどうか、夫婦の絆が深まるかどうか、は、じつは夫の行動にかかかっていると言っても過言ではありません。


  • この時期を大切に過ごさないと、離婚になる?

  • この時期を大切に過ごさないと、離婚になる?
  • 愛しあってようやく結ばれた2人。結婚して赤ちゃんを授かり、今、とっても幸せ!

    と、そうはあまーい時間は続かない、バタバタと育児に追われる現実が待ち受けていますね。

    新米ママ、新米パパには、あまりピンと来ないかもしれませんが、赤ちゃんがやってきたら、それはもう我が家は、あまーい新婚生活とは真逆!
    赤ちゃん社長様につかえ、バタバタで24時間年中無休のブラック企業に早変わり!

    この時、二人三脚で乗り越えていけるかどうか、夫婦の絆が深まるかどうか、は、じつは夫の行動にかかかっていると言っても過言ではありません。

    この時の夫の行動によって、夫への愛情が高まるか、一気に下がるか、大きく分かれます。
    その時の態度によっては、一気に愛情が冷め、妻に軽蔑され、だまって家出されることも!?

    インターネットで、「子育て イライラ」と検索してみてください。

    子育て イライラ 夫婦喧嘩
    子育て イライラ 夫嫌い

    といった言葉がずらっと出てきます。

    驚きましたでしょうか?

    みんなイライラで悩んでますね。

    俺こんなに手伝ってるのに!?と思う男性もいるかもしれません。
    世の男性たち、がっかりしないでください。
    それには原因があり、対処法があります

    多くのママやパパを見守り、相談に乗って来た元保育士である筆者が、よく子育てサロンで話題になる「ママがパパにやって欲しい事」を7つ、お伝えします。

    また、読んでくれてるママたちは、このサイトをそっとさりげなくパパに見てもらって下さいね。
  • 世にも恐ろしい産後クライシス

  • 世にも恐ろしい産後クライシス
  • 最近、“産後クライシス”という言葉が注目を集めています。
    産後クライシスとは、「産後、ホルモンバランスの崩れ、育児などによる環境のいちじるしい変化、夫が家事・育児に非協力的などの理由により、妻の夫への愛情が下がる」という状態のこと。

    産後の女性は、心も体もデリケートな状態になっています。
    ホルモンバランスが崩れる影響で、情緒は不安定ですし、体は思った以上に体力を消耗しています。
    そのうえ、慣れない育児で、不安をいっぱい抱えていたり、赤ちゃんのお世話でゆっくり睡眠もとれずクタクタなのです。

    そんな中、支えてくれるのが夫。
    夫の態度が大変重要なのです。
  • パパがやるべきこと

  • パパがやるべきこと
  • 手伝う、という感覚をまずは捨ててください!「手伝うよ。」ではなく「俺がやるよ。」です。

    「男は外で仕事、女は家で家事と育児」が当たり前の家庭に育つと、なかなか難しいかもしれないですが、根底にそういうのがあると、育児参加も家事も「手伝う」という感覚になります。
    それではせっかくパパが育児・家事をしようとしても、ママのイライラ度は増すばかり。

    ママがやって当たり前じゃないのです。

    2人で協力してやるのが当たり前なのです。

    ママは24時間年中無休です。しかも、報酬はありません。

    パパは、会社で何か達成しても褒めてアピールしませんよね?
    同じ事です。
    家庭で、ちょっと手伝っただけだったり、人前でだけ子どもの面倒を見て子煩悩のそぶりを見せたり、美味しいところを持っていき、イクメンアピールする男性を時折見かけますが、それよりはスマートにサクッとこなすほうが全然いいです。ママは感謝し、優しくなれます。

    一緒にやるにあたり、大事なことがあります。

    「ママに、やってほしい事を聞きましょう。」

    曖昧な表現でお互いの認識がずれると、せっかくの努力も無駄になってしまうので、確認したほうがうまく行きます。

    子育てサロンで、ママたちが話題にした
    「ママがパパに一番お願いしたい事、やって欲しい事」を7つ、お伝えしますね。

    忙しいパパも、出来るところからやってみましょう。
  • ママがパパに一番お願いしたい事、やって欲しい事

  • ママがパパに一番お願いしたい事、やって欲しい事
  • 1.子どもの相手をしてほしい

    ママはずーっと子どもと一緒。
    時にはパパと過ごしてほしいとママは思っています。
    その間に家事がはかどるし、パパはいつも仕事でいないから、子どもと関わる時間を意識的に作って、子どもとの距離を縮めてほしいと考えています。

    2.一緒にお風呂に入って欲しい&ママが入浴中子どもを見ててほしい

    赤ちゃんとの入浴は重労働です。
    そのうえ、ママは自分の入浴は、体を洗ったりシャンプーする事もろくに出来ず、ゆっくりお風呂に入れることがなく、つらいのです。入浴タイムはパパと共同作業にしたいと考えています。

    3.子どもの機嫌のいい時だけでなくおむつ換えや泣いた時の対応などもしてほしい

    機嫌のいい時だけ相手をして、ぐずるとママと交代したり、オムツを換えずにママを呼ぶ、夜泣きしているのに気付かず爆睡、または気付いても協力せず、という態度は嫌われます。

    4.子どもと一緒に外出してほしい!もしくはママがひとりで外出できる機会を作って欲しい

    ママにもリフレッシュは大切。パパに見ていてもらう間、1人になる、好きな所へ出掛ける、などの時間を意識的に作って欲しいと願っています。

    5.重いものの買い出し・ゴミ出し・お風呂掃除など、体に負担のかかる家事をやってほしい

    産後の体力が消耗している状態では特に、体力のいる家事・体に負担のかかる家事をやって欲しいと思っています。

    6.自分の事は自分でして

    当たり前のことなんだけど、実は意外と出来てない男性がいます。
    一番手のかかる大きな子どもっぷりに、イライラ。
    そうならないように努力するだけでだいぶ違います。

    7.心の支えになってほしい

    これが一番大事ですね。ママはホルモンバランスの崩れによる情緒不安定と、慣れない育児による不安で、実は、押しつぶされそうなほどつらいのです。
    1人では思い悩んでしまう。夫に支えてほしいと思っています。
    ただし、優しい言葉や、ねぎらいの言葉をかけて優しく温かく包んであげて下さい。
    女性は難しい生き物で、愚痴・相談を話すと楽になりますが、答えが欲しいのではありません。聞いてほしいだけです。下手に結論を出すと、逆効果です。
  • まとめ

  • いかがでしたか?
    妊娠・出産・育児は夫婦で力を合わせて乗り越えてゆくもの。
    だけど、夫は妻の体の事や赤ちゃんのこと、知識や経験が少ないからわからないことだらけ。
    昔なら兄弟や近所・親戚の中で学んできたことも、今や難しいから、どうしていいかわからないのが本音かもしれませんね。

    そういった2人のために、最近は母子手帳のように、父子手帳が各自治体から配布されるそうです。
    イクメンパパを増やして行こうという試みのようです。

    ネーミングや内容は各地によって様々ですが、妻だけでなく夫も出産に向けて心の準備ができる1冊はオススメです。

    ぜひ、二人で力を合わせて、幸せな子育てライフを送ってください。
子どもが産まれたらパパがやるべきこと~ママの子育てイライラ解消法~
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
仁井田 明美さん

仁井田 明美さん

女性の気持ちがわかる女性のためのセールスコピーライター。 女性向け商品のコピーライティングを得意とするほか、自身の離婚経験や元保育士の経歴を活かした視点から、子育て支援に特化したライティングや、ブログライティングセミナー・コンサルを通して、女性支援に尽力している。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事