初めての子育てでイライラや孤独を感じたときの対処法

初めての子育てでイライラや孤独を感じたときの対処法

Thumb?1414295452 仁井田 明美さん

218

待望の赤ちゃんが産まれて最高に幸せ。
なのに孤独を感じてひとりで悩んでしまうママが、たくさんいます。
ひとりぼっちじゃないのに、なぜか寂しい・・・
また、イライラしてしまい、自己嫌悪におちいってしまうこともあります。

実は、新米ママの多くが孤独感を味わい、イライラし、悩んで乗り越えています。
先輩ママたちはどうやってそんな孤独感やイライラを乗り越えてきたのでしょうか?
多くのママたちを見守り、相談に乗って来た筆者が見つけた、子育てで孤独を感じた時やイライラしてしまう時の対処法を3つお伝えします。


  • なぜイライラしたり、孤独を感じたりしてしまうの?

  • なぜイライラしたり、孤独を感じたりしてしまうの?
  • 実は、新米ママの多くが孤独感を味わい、イライラし、悩んで乗り越えています。
    先輩ママたちはどうやってそんな孤独感やイライラを乗り越えてきたのでしょうか?
    多くのママたちを見守り、相談に乗って来た筆者が見つけた、子育てで孤独を感じた時やイライラしてしまう時の対処法を3つお伝えします。
    あなたが今苦しいなら、それを乗り越えるヒントがきっと見つかるはず。
  • イライラや孤独を感じる理由とは?

  • イライラや孤独を感じる理由とは?
  • なぜ孤独を感じたり、イライラしたりしてしまうのでしょうか?

    理由は大きく分けて5つあります。

    ◆産後の場合は特に、ホルモンバランスがくすれ、精神的に不安定になりやすい。


    産後うつになったり、感情の浮き沈みが激しいのはあなたのせいではありません。

    ◆初めての育児に四苦八苦。様々な子育ての悩みを相談したいけど、相談できる両親は遠い。


    今までの友人は相談できない・・・夫も聞いてくれない・・・

    ◆夫が忙しいので、子どもと二人の時間が長い。育児に協力してくれない。


    夫に子育ての大変さをわかって欲しい。

    ◆今まで普通に出来ていたことが、ことごとく出来なくなって、生活が180度変わり、とても大変。



    ◆気が付けば今日誰とも話してない!社会との繋がりがなく、疎外感を感じる。


  • 乗り越える3つの方法

  • 1.夫に子育ての大変さをわかってもらう
  • 夫が忙しくて、ほとんど家にいない、休日もなかなかいない、という状況だと難しいかもしれませんが、今の時代、ラインやメールと言った便利なツールもあります。
    日々の大変さ、つらさをためこまずに伝えましょう。
    伝えてるのにわかってくれないとイライラを感じることもあるかもしれません。
    そんな時は、「察して欲しい」という気持ちをちょっと切り替えて、手伝って欲しい事を具体的に伝えることも大事です。

    2.自分の時間を持つ
  • 特に子どもが小さい頃は手がかかります。
    なかなか自分の時間を持つのは難しいもの。

    お昼寝している間、夜寝付いた時。寝付くまでも大変だったり、自分も疲れて一緒に寝てしまったりする事もあるでしょう。
    そんな時はそれでいいのです。

    そして、余力のある時は、家事を最優先するのではなく、自分がやりたい事をやりましょう。
    片付かないと気持ち悪くてイライラするなら片付けもいいのですが、家事は思い切ってさぼる勇気も必要です。
    夫がいれば2人の時間を大切にするもよし、家事の協力をしてもらうもよし、好きなお茶を飲みながらゆっくりするもよしです。
    完璧に家事も育児もこなそうとがんばる必要はないのです。

    また、時にはパパやご両親、または託児サービスを利用し、思い切ってひとりの時間を持つというのはおすすめです。
    預けてまで!と思うママもいるかもしれません。
    でも、産まれてからずっと赤ちゃんとセットで行動して来たママには、ひとりになってゆっくりする時間、好きな事をする時間も大事なのです。
    後ろめたく思ったり、自分を責めたりしなくていいのです。
    ヘアサロンやネイルやショッピング、お友達とカフェやランチ。
    そういったことでリラックスすると、気持ちが楽になります。
    夫や家族に協力を求めてみましょう。

    3.子どもと一緒に出かける

  • 特に赤ちゃんのうちは荷物も多いですが、思い切って出かけましょう。
    日常の買い物でも、近所の公園でも、お散歩でも、とにかく行動あるのみ!
    お天気のいい日などは気分もリフレッシュしますし、赤ちゃんはまだ遊べないのではと思うかもしれませんが、実は太陽光と外の風を感じることが、体内時計を整え、成長を促進してくれるのです。
    出かければママもハッピー赤ちゃんもハッピーです。

    行政等の地域の情報も最大限に活用しましょう。
    保健所や、地域の子育てサロン(支援センター)などの情報を集めて、活用するとよいです。
    行ってみると、同じような月齢の子どもを持つママと出逢えて、自分だけが悩んでたのではなかったことがわかります。

    子育ての悩みや成長の疑問が解消されることもあります。
    ママ同士の助け合いがどれほど心安らぐことか。
    ひとりではないんだと気付くことができます。

    ママ同士の情報交換だけでなく、専門家に気軽に相談できたり、親子で楽しめる行事やサークルがあり、出かける予定を書き込んでワクワクできます。
    特に核家族化したこの時代、そういった地域コミュニティが、孤独なママを作らない大きな役目をはたしていると言えます。
  • 子育てはひとりで背負わないことが大事

  • 子育てはひとりで背負わないことが大事
  • 子育てはひとりでするものじゃない。
    みんなで協力するもの。
    ひとりで背負わず、ひとりで思い悩まないで。

    孤独な時間はすぐに終わります。
    明けない夜はありません。

    1人で背負わなければ、気分転換にもなり、気分が晴れて気持ちが前向きになり、イライラも解消されやすくなります。

    子どもが成長すると、それに応じて出逢う人も多くなりますし、同じような悩みを共有できます。
    また、数年後には、嫌でも仕事に復帰しなけらばならなくなり、社会との関わりも忙しくなります。
    小さくて手のかかる時期は今のうちだけ。
    すぐにママの手から離れていきます。

    今この瞬間は今しかない。
    今を楽しもう!
    そう思えたら楽になった、と先輩ママさんも言ってます♪
初めての子育てでイライラや孤独を感じたときの対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
仁井田 明美さん

仁井田 明美さん

女性の気持ちがわかる女性のためのセールスコピーライター。 女性向け商品のコピーライティングを得意とするほか、自身の離婚経験や元保育士の経歴を活かした視点から、子育て支援に特化したライティングや、ブログライティングセミナー・コンサルを通して、女性支援に尽力している。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事