口内炎を早く治す方法

口内炎を早く治す方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

411

知らぬ間に、口の中に大きな口内炎が・・なんて経験ありませんか。口内炎ができると、痛みだけでなく気持ちまでもブルーになりますよね。それに加え1度できると何日も悩まされることになります。おいしい料理も痛みが原因で食べられないなんてことも。
飲んでも食べても痛みのある口内炎はとにかく1日でも早く治したいものです。ここでは、そんな厄介な口内炎について少しでも早く治す方法についてご紹介します。


  • 口内炎ができる原因とは

  • 口内炎ができる原因とは
  • 口内炎と一口にいっても出来る場所も原因も様々です。口角にできる口角炎や、舌にできる舌炎などできる場所によって名称も異なるようです。
    原因は明確には解明されていないようなのですが一つ目に、疲れや、風邪等の体調不良からくる炎症があるといわれています。症状としては主に頬の内側や歯茎の近くにでき、赤く腫上がります。1度できると10日ほど腫れと痛みが続くのが一般的のようです。
    二つ目に、ウィルスによるものです。特徴は、小さくプツプツとした症状があり、強い痛みがあるようです。
    三つ目は、外的要因から起こるものです。唇をかんでしまった部分から炎症を引き起こして口内炎になったり、矯正器具があたるところが炎症となるものです。こちらは外的要因を取り除くことで緩和されるでしょう。

  • 口内炎に効く食べ物とは

  • 口内炎に効く食べ物とは
  • では口内炎に効果的な食べ物はあるのでしょうか。実は、口内炎の炎症を治すにはビタミンB1やB2が効果的だといわれています。ビタミンB1は豚肉、うなぎ、穀類、豆類に多く含まれています。特に豚肉は多く含まれているため、メイン料理として定期的に摂取することをおすすめします。ビタミンB2は豚肉、牛肉、魚などメインの食材以外にも、鶏肉のレバーやたまご、乳製品に多く含まれています。
    しかし、口内炎といえば口の中の炎症です。炎症がひどいときには食事さえも躊躇することもあるのではないでしょうか。
    そんな時には、お肉や魚を煮込んだり、スープにして口当たりのよいメニューとして摂取することをおすすめします。
  • いかがでしょうか。口内炎はできてしまうととても厄介なものですよね。日ごろからストレスを溜め込まないことはもちろん食生活も大きく影響してくるようです。偏った食事や栄養不足は口内炎だけではなく、病気全体も引き起こしやすくなるので、日ごろからバランスのよい食事を心がけましょう。
    また睡眠不測によるものもあるようなのでしっかりした睡眠で健康的な体づくりをしていきましょう。
口内炎を早く治す方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事