口内炎の原因と対策

口内炎の原因と対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

1074

口内炎は疲れたときや体調の悪い時にできやすいものです。免疫力のない時などは特にできやすいですね。口内炎口の中に特に起こりやすいものですが、口の周りにもできることがあります。口内炎の原因は様々ですが大きな原因は3種類となります。


  • カタル性口内炎

  • カタル性口内炎
  • これは口の中に刺激を感じ口内炎ができてしまうものです。たとえば入歯であったり、口の中を噛んでしまったりしたことが刺激となり口内炎となってしまうもの。このタイプの口内炎は粘膜がはれ上がり、よだれの量が増えてしまったり、口臭の原因にもなる口内炎のタイプのひとつです。
  • ウイルス性口内炎

  • ウイルス性口内炎
  • これは単純ヘルペスウイルスに感染することで起こる口内炎です。カンジダ性口内炎といい、カビであるカンジダ菌に感染することが原因となっています。このタイプの口内炎は水泡が口の中にできたり、中には発熱を引き起こすこともあります。痛みがあるのもこの口内炎の大きな特徴です。またクラミジアウイルスの口内炎もあります。
  • アフタ性口内炎

  • アフタ性口内炎
  • このタイプの口内炎が一番多くみられるもので体が疲れていたり、免疫力が落ちているときなどになりやすいタイプの口内炎です。睡眠不足や栄養が足りないなどといったときに特に起こりやすいものです。このタイプの口内炎は赤い丸い輪ができ、その内側が白くなるような腫瘍ができます。ひとつではなく、いくつかできることが多いです。特に若者に多くできるタイプの口内炎です。広い範囲にできたり、なかなか治らないときはほかの病気も考えられますので病院を受診しましょう。
  • 口内炎を予防するためには、生活習慣の中でも特に食生活に注意が必要です。バランスの良い食事をとったり、野菜や果物などビタミンの豊富にとれるような食事を心がけることが重要です。どうしても食生活にこういったものを取り入れられないようなときは、サプリメントを利用してみるといいでしょう。ビタミンCやビタミンBのサプリメントを飲むようにすると口内炎の予防にもつながります。
    またストレスをためないことも口内炎予防につながります。上手に気分転換をしたり趣味を持ったりしてストレスの少ない生活を心がけるといいでしょう。

    口内炎になってしまったら。口内炎の治し方は症状によって様々です。口の中に少しだけできているような場合はうがい薬や塗り薬などを使用して様子を見ましょう。またビタミンBのサプリメントを摂取するといいですよ。

    口の外側にも広がってしまった場合には抗炎症成分の入った薬を始め、ビタミンBをとりましょう。また感染症の可能性もあるので、病院の受診をおすすめします。
口内炎の原因と対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事