口臭を消す!ニオイのない息にする為にしてはいけないこととは?

口臭を消す!ニオイのない息にする為にしてはいけないこととは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

130

口臭を消すには、そもそも口臭がひどくなってしまうモトを絶たなければいけません。ニオイを気にならなくする為にしてはいけないこととして、口呼吸や水分不足、歯磨きのしすぎなどがあげられます。またニオイが出やすい成分を含む食物を避けることも必要です。

  • 日常の習慣が口臭の原因に?

  • 日常の習慣が口臭の原因に?
  • 周りからの印象を良くするために、髪型や服装といった外見を整える事は、多くの人がやっている事です。

    ところが、意外と見落としているのが「口臭」です。自分では気づかない内に口臭が発生している事もあり、そのニオイのせいで、せっかくの好印象も台無しになってしまった、という事も起こりえます。

    口臭が発生する原因は、実は、日常生活の中に潜んでいる可能性があります。
    口臭を消すための対策は様々なものがありますが、ニオイを発生させる原因が無くならない限り、一時的にニオイが誤魔化されているだけになります。
    また、場合によっては口臭対策のつもりが逆効果になっていて、よりニオイがきつくなってしまう危険もあるのです。

    しかし、ニオイのない息にする為にしてはいけないことを覚えておけば、口臭発生の予防に繋がるともいえます。間違った対策をしていないか、日頃の習慣を改めて見直して、口臭のない息を目指していきましょう。
  • 口呼吸がニオイを発生させる

  • ニオイのない息にする為にしてはいけないことの一つは、口呼吸です。

    普段から口が開いている人は、ほとんど鼻を使わず、口で呼吸をしています。これが、口臭を発生させる原因になっています。

    唾液には、口の中の環境を最適にする役割を持っています。その役割の一つに、殺菌効果があります。
    食事をした時に残った食べかすが口の中に残っていると、細菌が繁殖し、食べかすを分解して口臭を発生させてしまいます。
    ここで唾液が分泌されると、細菌の数を減らし、口臭を抑える事が出来ます。

    ところが、口呼吸が習慣になっている人は、唾液が蒸発しやすく、口の中が乾燥しやすくなってしまいます。乾燥した口は唾液が減っているため、働きが弱くなって、細菌の繁殖を促進させます。その結果、口臭が強まってしまうのです。

    口臭を消すためには、なるべく口を閉じるようにして、鼻呼吸を意識しましょう。また、口の周りの筋肉を鍛える事も効果的です。
  • あまり水分を取らないのはダメ

  • 口の中の乾燥がニオイの原因となる事は前述しましたが、呼吸以外にも水分量が口臭の鍵となります。

    忙しくて水を飲む暇がない、あまり汗をかきたくない、などの理由であまり水分を取らない人がいますが、これが口臭を発生させる原因となります。体の中の水分量が足りていないと、他の重要な期間に水分を使うため、唾液の分泌量が落ち、口の中が乾燥しやすくなるためです。

    一日に必要な水分の目安は、1.2~1.5リットル程といわれています。何回かに分けて、こまめに水分補給をしましょう。ただし、体質によってはお腹を下しやすい人もいるので、その場合は水分量を調節しましょう。

    水分補給には何を飲んでも良いという訳ではありません。コーヒーなどのカフェインが多く含まれている飲み物には利尿作用があり、体の水分を排出しやすくなるため、よけいに口の中を乾燥させる事があります。
    こういった飲み物を飲む場合は一緒に水も飲む、といった工夫をしましょう。
  • 歯磨きは必要、でも、し過ぎはダメ

  • 食べかすが口の中に残っていると、細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。そこで、口臭を消すには、丁寧な歯磨きが必要です。

    歯と歯の間には食べかすが入り込みやすいですが、放置されやすい場所でもあります。また、舌の上にも実は汚れが溜まりやすくなっています。これらは忘れがちな部分なので、意識して歯磨きをしましょう。

    注意したいのは、「歯を磨いたつもり」です。歯磨き粉をたっぷり使う人は特に気をつけなければなりません。爽快感は得られますが、歯磨きの時間が短く、磨き残しが残っている可能性が高いです。

    口臭を防ぐのに丁寧な歯磨きは必要です。しかし、口臭を少なくする為にしてはいけないことには、過剰な歯磨きもあるのです。

    歯磨き粉やマウスウォッシュを使いすぎると、口の中が乾燥しやすくなるため、口臭の原因となります。中でも、アルコール成分は口の中に残ると乾燥しやすくなります。歯磨きは1日2、3回程度で十分です。過剰な歯磨きは行わないようにしましょう。
  • 食べ物にもニオイの原因が!

  • ニオイの原因は、口の中だけにあるとは限りません。食べ物によっては、食べた後も体の中からニオイを発生させるものがあります。

    ニンニクやニラ、玉ねぎ、ラッキョウなどには、「アリシン」という成分が含まれています。
    アリシンは体内で分解されると、よりニオイの強い成分に変化します。この成分は胃や腸で吸収されると、血液を通って肺に到達します。そして、呼吸と共に外に出てくるため、口臭の元となるのです。
    口臭を少なくする為にしてはいけないこととして、こうした食べ物を口にしない事が一番です。ただ、完全に防ぐのは難しいし、美味しい食べ物を我慢するのは辛いでしょう。

    そこで、口臭を消す働きのある食べ物を一緒に食べるという方法があります。牛乳や乳製品に含まれるタンパク質は、アリシンと結合しやすいため、ニオイを防ぐ効果があります。他にも、生のリンゴに含まれるポリフェノールには、ニオイを抑える効果があります。
口臭を消す!ニオイのない息にする為にしてはいけないこととは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事