お酒を飲むと後頭部の痛みを感じるタイプ

お酒を飲むと後頭部の痛みを感じるタイプ

Thumb?1414295452 muah♪さん

7085

楽しいはずのお酒ですが、なぜか飲むことで体調の変化を感じる場合もあります。お酒を飲んで、後頭部の痛みを感じるというケースもあります。もしかしたら、体質的にアルコールを受け付けない身体であることも考えられます。陽気な雰囲気が好きで、誰かとお酒を飲むのが好きであると、頭では思っていたとしても、実は体質的にアルコールを受け付けないのかもしれません。


  • 出典: instagram.com

  • みんなと気分良く乾杯できるように、訓練すれば治るものかというと、正解とも言えません。アルコールも飲み方しだいではありますが、そこには生活の改善をするなど、基本的な改善から必要となってくるケースが多いです。お酒を飲むことで後頭部の痛みを感じるのであれば、無理して飲まないことも大切です。アルコールを摂取すると、血管は拡張されて、血液のめぐりも活発化します。ですが、健康的なめぐりの良さかというと、それとは少し異なるのです。身体自体の本能として、アルコール分を体外へ排出しようという働きが活発になるのです。血管は神経を圧迫し、刺激を与えることになりますから、これが後頭部の痛みにもつながっている可能性があります。
  • 出典: instagram.com

  • この症状が出るようでしたら、お酒の量は控えることが大切となってきます。もしくは、本人の身体自体がアルコールを受け付けない可能性を考慮して、はじめからアルコールを控えるという手段で臨むことも、必要となってくるケースもあります。共にアルコールを楽しむ仲間には、理由を話してもいいですし、アレルギーであると伝えても良いでしょう。ビジネスシーンでも、プライベートでも、アルコールの登場する機会は多いものです。しかし、自分の体質に合わないのであれば、ハッキリと断る勇気も必要です。そこで一緒に食事に行かないわけではなく、口にする飲み物を、アルコール以外のものにして、対処をしていけば良いのです。
  • 出典: instagram.com

  • 体質に合わないとわかっていながら無理に飲むことで、自分の体にダメージを与えることにもなりかねません。急性アルコール中毒などもありますから、アルコールに関する症状を、甘く見るのは考えものです。周囲には、アルコールを摂取することで、後頭部の痛みを感じることなどを話しておき、理解を得ておくのも、ひとつの方法です。どうしてもお付き合いでアルコールを摂取するのであれば、少量をたしなむ程度にして、お茶や水をたっぷりと摂取するようにしましょう。水分を摂取するとこで、アルコールも、早く体外へと排出されていきます。

お酒を飲むと後頭部の痛みを感じるタイプ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事