朝に後頭部の痛みを感じる原因とは

朝に後頭部の痛みを感じる原因とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

1554

もちろんしっかりと睡眠時間を取り、日々の生活も完全に健康なものにしているのであればそうしたこともできますが、現代社会に生きる社会人となると、どうしても日々の生活には乱れが生じがちです。
そうした生活の中だと朝起きて体に違和感を感じると言う人も多くいます。
例えば眠気が取れなかったり、何となくだるさを感じたりといったようなことは非常に多くの人が感じていることですが、中でも注意をしたい症状となるのが後頭部の痛みです。
では朝に後頭部の痛みを感じる原因にはどういったものがあるのでしょうか。


  • 出典: instagram.com

  • まず最初に挙げるべきとなるのが後頭神経痛と呼ばれる症状です。
    これは後頭部の神経が刺激を受けることによって、後頭部の痛みが発生するというものです。
    後頭部の神経に対して刺激を与える要因はいくつもありますが、最近だとストレスによって筋肉が緊張しやすくなっている人が、その心理状態のまま横になったりすることで発症するケースが増えています。
    次に挙げるべきとなるのが、この後頭神経痛と同様に多くの人が抱える筋緊張性型頭痛と呼ばれる症状です。
  • 出典: instagram.com

  • これは普段のデスクワークや運動不足などによって血流が悪化し、老廃物が溜まってしまうことによって血管にストレスがかかり、神経に対して刺激が加えられているということが原因で発生します。
    どちらも眠っている間に刺激が加えられており、朝起きて意識が覚醒するとその痛みを感じるようになるため、寝起きの際などの症状と感じやすいのです。
    これら二つの症状に関してはさほど気にする必要は無く、日々の生活リズムを立て直せばだんだん回復していくことでしょう。
    しかしこれらよりも注意をしなくてはならないのが、くも膜下出血と呼ばれる症状です。
    これは脳にある血管が破れてしまい、くも膜と呼ばれる膜の下で出血が広がることによって発生する病気です。
  • 出典: instagram.com

  • 一度発生した際には非常に強い頭痛が走り、立っていることすらままならなくなることも珍しくありません。
    毎日起きぬけに後頭部の痛みを感じる場合はくも膜下出血が原因になっている可能性はさほど高くないのですが、状況によっては命を落とすこともあるだけに、後頭部の痛みが続くようであれば病院で確認を取った方が無難です。

  • 頭痛症状は多くの人が抱えるものですが、だからこそ自分の痛みを誰かに理解してもらうのが難しい症状でもあります。
    もし自分が辛いと思ったのであれば、他人に何を言われようともまずは病院に行き、医師の診察を受けることをお勧めします。
    些細な症状であっても病院の治療を受ければ遥かに楽になりますし、くも膜下出血のような重大な病気に関しては早期発見・早期治療が鉄則です。
    日々を楽しく暮らすためにも、自身の健康とはしっかり向き合うようにしましょう。
    治療を開始できますし、もし何事も無かったのであればそれで安心が出来ます。
    とりあえず様子を見るという判断が最も良くない選択になることは少なくありませんから、体調不良を感じた場合にはなるべく早い段階で病院を受診しましょう。

朝に後頭部の痛みを感じる原因とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事