息苦しい後頭部の痛みの原因を知って対策をとる

息苦しい後頭部の痛みの原因を知って対策をとる

Thumb?1414295452 muah♪さん

1233

頭痛にもさまざまな場所の痛みがあります。
即頭部の片側だけが痛い偏頭痛の他にも後頭部がズキズキと痛み、息苦しいと感じてしまうというケースもあります。
こうした頭の後ろの部分の痛みにはいくつかの考えられる原因がありますが、症状を把握して原因をしっかり見極めることで対策をとることができます。


  • 出典: instagram.com

  • 頭の後ろの部分の頭痛にはいくつかの要因が考えられますが大きく分けて後頭神経痛、緊張型の頭痛、くも膜下出血などがあります。
    後頭神経痛とは神経を圧迫して起こるタイプの頭痛です。
    頭の後ろには後頭神経という太い神経があり、中央から頭頂部に向けて左右に走っています。
    この神経を筋肉や血管が圧迫してしまうと頭痛が起こってしまうので、これを後頭神経痛といい、耳の後ろに痛みを感じたり、ズキズキとした脈打つ感じの痛みをさします。
    また雨が降る前の気圧の変化でこの神経が痛むこともあるのです。
    対策としては、首筋を冷やして血流を抑えたり、肩などをマッサージしてリラクゼーションを取り入れるのが有効です。
  • 出典: instagram.com

  • 次に緊張型の頭痛です。
    これはデスクワークなどで肩や首がこった時に発生する頭痛で、後頭部から首筋にかけて息苦しいと感じたり痛いと感じてしまうものです。
    長時間同じ姿勢をとり続けることで乳酸などの疲労物質が溜まりますが、これが血行を阻害して頭痛が起きてしまいます。
    こちらもマッサージが有効で、コリをほぐすことで緊張がほぐれて痛みが引いていくのが特徴です。
  • 出典: instagram.com

  • もっとも重篤な後頭部の頭痛がくも膜下出血です。
    これはくも膜という脳を包んでいる膜の下にある血管が切れて出血をしてしまった状態で発症時には激しい頭痛に襲われます。
    まるでハンマーで殴られたかのような痛さと表現されるこの頭痛は放置してしまうと命に関わるという重大なものです。
    このような頭痛が起こった場合には動かずにすぐに救急車をよんでもらう必要があります。
    迅速な対応がその後の病状や治療法の選択の幅広さにつながっていきます。
  • このように後頭部の頭痛と一口で言っても、肩こりを原因とする軽微なものから、命に関わる重篤なものまでさまざまあることがわかります。
    単なる頭痛と甘く見ることなく、頻繁に頭痛が起きるようでしたら専門の頭痛外来などを受診して相談するのも良い方法です。
    デスクワークで目を使う方や肩こりがひどい方は定期的なストレッチや目や肩の温めをして、頭痛の予防に努めることで症状を軽くしたり頭痛体質の改善を図ることができます。
息苦しい後頭部の痛みの原因を知って対策をとる
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事