産後の頭痛 後頭部やこめかみ

産後の頭痛 後頭部やこめかみ

Thumb?1414295452 muah♪さん

2111

出産後に頭痛を訴える女性は少なくありません。しかし、痛みの種類は人によってさまざまで、内容によって対処法も異なってきますので、注意が必要です。産後の場合には授乳で赤ちゃんに薬の成分が入ってしまう可能性がありますので、基本的に産婦人科で治療を受けて、安心して服用できる薬を処方してもらうことになります。


  • 出典: instagram.com

  • 頭痛の種類で良く見られるのが、後頭部や首筋などを締め付けるように感じる緊張型の痛みと、左右どちらかのこめかみや目の周囲にズキズキと襲ってくる痛みです。これらの頭痛はいずれも原因は大体共通しており、妊娠中に過剰分泌されたリラキシンというホルモンの作用により、骨格がゆがみやすく、靭帯などが伸びやすくなっていることが大きな影響を与えています。本来は赤ちゃんが産道を通りやすくするためのものですが、これによって骨格がゆがんでしまい、骨盤は広がって内臓が下垂しますし、その影響を受けて背骨もゆがみがちになります。また、首の骨がゆがむことで重さのある頭を支えることができなくなることもあります。その結果、血管を圧迫して血流が悪くなることで冷え症やむくみ、頭痛などを発症していますが、対策方法は状態によって異なります。
  • 出典: instagram.com

  • 後頭部が痛む場合には、首周りや肩周辺の筋肉が緊張していることが多く、痛みも突発的なものではなくじわりじわりと慢性的に痛みがあります。血管を広げることで筋肉の緊張がゆるみ、痛みが和らぎますので蒸しタオルや温湿布などで首周りを温めるとよいでしょう。後頭部の痛みの時には動いてもひどくなることはありませんが、長引くことがありますのでつらいときには医師に相談しましょう。
    また、こめかみ周辺の痛みは突発的なものが多く、ズキズキとした激しい痛みになります。動くと痛みが酷くなりますので、光や音などの刺激が少ないところで安静にしておきましょう。頻繁に痛みが見られるときには、やはり痛み止めを処方してもらうのがおすすめです。
  • 出典: instagram.com

  • ただ、産後だからといって必ずしもホルモンバランスや骨格のゆがみが原因であるとは限りません。重篤な病気が原因の可能性もありますので、できるだけ早めに医師に相談しましょう。授乳中でも投薬は可能ですが、薬によりますので、市販役を使用するときにも箱を持って医師に相談に行くのがおすすめです。また、授乳や抱っこは頭痛が悪化することもありますので体に無理のない範囲で行うようにして、家族にも協力してもらうと良いでしょう。

産後の頭痛 後頭部やこめかみ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事