後頭部の頭痛とめまいの原因

後頭部の頭痛とめまいの原因

Thumb?1414295452 muah♪さん

804

頭が痛いと一日中、すっきりせず、何をするにもおっくうになり、自分はやる気を出したいのに気力ばかりが先行して、なかなか頑張れないこともあり厄介です。それらは大きく分けて3つの種類があります。


  • 出典: instagram.com

  • 誰でも何度か経験している偏頭痛は、数か月に1〜2回程度の周期的で痛みます。お辞儀などのような頭を下げた恰好をすると、ズキズキと痛みが増すのが特徴です。運動や労働をしないで、頭を動かさずにじっとしていると緩和しますが、職場や家庭で頭が痛いくらいで、寝ていられる人は少ないですから、市販の薬などを上手に利用するのも一案です。痛みが増してから飲むよりも、痛みの信号が出たら、すぐに服用した方が効き目が良いとされていますから、職場で手が離せない状態にあっても、家庭で来客中でも、その時だけは席を外してでも薬を飲むのがいいでしょう。
    群発頭痛とは20〜40才くらいの男性に圧倒的に見られ、女性の4〜5倍にと言われています。季節の変わり目などの、ある期間に集中して起こります。一度痛みが出ると、1〜2ヶ月くらい毎日のように痛みます。その期間が過ぎると、しばらくは落ち着いた状態になりますが、また半年から1年、2年と経過するうちに、再び同じ状態を繰り返します。頭が痛み出している期間を群発期と呼んでいます。痛みも強く、じっと寝ていられないほどで、寝入っていても痛みで目が覚めるほどです。
  • 出典: instagram.com

  • 痛みの程度はそれほど酷くはなく、後頭部が重苦しいとか、頭全体が締め付けられる感じがしたり、モヤモヤとしてすっきりしない状態などが代表的な症状なのが、緊張型頭痛です。肩凝りの人に多く、慢性頭痛の6〜7割を占めると言われています。現代は仕事でもプライベートでも、液晶を見る機会が増えていますので、慢性的な目の疲労や肩凝りもあり、後頭部も凝っている人が多いです。また労働者の中でも長い間の無理が原因で、首の骨が変形していたり、つぶれてしまっている人もいるため、このようなケースでも後頭部を中心にした頭痛やめまいに悩まされています。これまではめまいやふらつきは、平衡感覚が大きく関係していると考えられていたため、耳鼻咽喉科や脳神経外科などでの検査を受けていました。近年はこれらに加えて頭痛外来を受診する人も増えています。専門医の指示に従って治療をし改善が見られる人も多いですし、自宅では肩凝りに注意し、ストレッチを取り入れたり、お風呂では温めのお湯にゆったりと浸かり、首から後頭部をマッサージし血行促進をすれば、日常生活もかなり楽になれます。

後頭部の頭痛とめまいの原因
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事