後頭部の頭痛の原因とは

後頭部の頭痛の原因とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

434

頭痛と一言で言っても様々な種類の頭痛があります。その中でも、ある噂を耳にしたことはありませんか?その噂とは、後頭部の頭痛は、重病の可能性があるというものです。


  • 後頭部の痛み

  • 後頭部の痛み
  • 確かに普通の頭痛とは前頭部が痛むものであり、後頭部の頭痛となると珍しい症状ではあります。だからといって、本当に後頭部の頭痛は重病の可能性があるのでしょうか。
    後頭部の頭痛の原因として考えられるのは、まずは後頭神経痛と呼ばれる頭痛です。これはストレスによって後頭部の筋肉が固まってしまい、後頭部にある神経を圧迫してしまうことから、痛みへと繋がってしまうという症状です。後頭部にズキズキとした痛みが走ったり、雨が降る前になると痛み出すという場合には、後頭神経痛の可能性が高いといえます。
    後頭神経痛であればストレスが原因ですので、重病と呼ばれるほど深刻な症状ではありません。筋肉をほぐしたり、ストレス解消に努めれば、症状はすぐに治まるでしょう。
    次に考えられる可能性としては、筋緊張型頭痛と呼ばれる頭痛です。これは肩や首の周りなどの筋肉がこってしまうことによって発症する頭痛です。肩こりは頭痛の原因とよく言われますが、その典型的な現象であり、血流が悪くなることから、血管にストレスがかかり膨張してしまい、神経に血管が触れて痛みを生み出してしまいます。
  • 筋緊張型頭痛

  • 筋緊張型頭痛
  • 筋緊張型頭痛は、ズキズキという痛みや、締め付けられるような痛みが特徴的です。また、毎日のように痛みが出るという点も、筋緊張型頭痛の特徴といえます。
    筋緊張型頭痛の場合にも、肩こりなどを解消すれば、おのずと頭痛も緩和されていきます。特に、デスクワークの仕事をしている人などは、この症状に悩まされていることが多いです。
  • 痛みが強い場合は病院へ

  • 痛みが強い場合は病院へ
  • ここまで紹介してきた症状は、それほど深刻な症状ではありませんでした。ですが、後頭部の頭痛には一つ、重病といえる病気の予兆である可能性があるのです。それは、くも膜下出血です。
    くも膜下出血の後頭部の痛みというのは、まるでハンマーで後頭部を叩かれたかのような激しいものです。普通の頭痛とは明らかに違うので、すぐにわかるでしょう。このような痛みが出てしまった場合には、すぐに病院に行くようにしましょう。それが即座に判断できなければ、命に関わります。
    後頭部の頭痛といっても、様々な原因が存在します。ですが、なかには危険な症状もありますので、そのような痛みを感じたら、すぐに病院に行くことを心がけるべきです。注意しておきましょう。


後頭部の頭痛の原因とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事