たらこ唇を薄くする為の人気の方法とは?

たらこ唇を薄くする為の人気の方法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

95

唇を薄くする方法はいくつかあります。そのなかでも人気の方法を知りたくありませんか?唇が薄くて悩んでいる方もいれば、分厚いたらこ唇に悩んでいる人もいるでしょう。今回は唇を薄くする為の人気の方法を2つご紹介します。どちらも簡単に始めやすいものなので、ぜひお試しください。

  • 第一印象は顔のどこで決まる?

  • 第一印象は顔のどこで決まる?
  • 「人は見かけではない」とよく言われます。
    しかしながら、それはその人物の内面を深く知り得た場合に言える事であって、人の第一印象はやはりどうしても見かけで判断せざるを得ない部分があります。

    見かけとは当然その人の「顔」を指す場合が多いですよね。
    人並み外れてスタイルが良い人の場合などは別ですが、一番に目がいくのは間違いなく顔です。

    その人の顔の印象を決める際にポイントとなる部分は、一番は「目」ですが、それと同じくらい重要なポジションにあるのが実は「口」なのです。

    例えば、皆様には、マスクを着用している方で、その時はとても美人(もしくは男前)だと思っていた人がマスクを外した途端に思っていた印象とがらりと違ってがっかりした経験はありませんか?

    口の形はそれほどに大切なのです。いくら目がぱっちりと大きく鼻筋がはっきりとした顔立ちであったとしても、口の形が微妙であれば全てが台無しになってしまうと言っても過言ではありません。
  • たらこ唇は七難を呼ぶ!?

  • 口の形に関する悩みの中で上位を占めるのが、いわゆる「たらこ唇」です。

    唇の厚さが極端に分厚い場合にこの呼び方をするのが一般的ですが、この形状の持ち主たちは、私たちが考えている以上に強く悩んでいるのだそうです。

    まず、たらこ唇である場合、非常に唇が乾燥しやすく、皮膚がパリパリと剥けやすいのだとか。
    さらに悲しい事に、その唇の面積の広さのせいで唇の荒れがより際立ってしまうというデメリットも抱えているとの事です。

    また、たらこ唇の人は、少しでも唇を薄く見せようとするが為に口をすぼめたり唇を噛みしめるような癖がある人が多いのだそうですが、その行為によって他者から「あの人はいつも不機嫌そうにしている」という印象を受けてしまう場合があるそうです。

    他にも、似合う口紅の色が限られてしまったり流行りの髪型がいまいち決まらなかったりと、何かと不都合な点が多いと言います。生まれ持った自分の身体の一部であるとはいえ、非常に切ないですよね。
  • 唇を薄くする為の人気の方法(1)

  • 男女を問わず悩みを持つ人が多いこの「たらこ唇」。

    整形手術をするのも一つの手段ですが、高額な料金が発生しますし仕事を長期間休む事の出来ない人には中々難しい方法です。

    しかしながら、整形手術を受けなくても、日々の特殊な唇の運動などで薄くしていく事は可能です。

    まず一つ目は「唇運動」と呼ばれるものです。
    口元の筋肉を鍛える事によってたるみを解消させ、それに伴ってたらこ唇も薄くなっていく、という寸法です。

    やり方としては、上下の唇を口の中に巻き込むように入れて、その巻き込んだ唇を上の歯と下の歯とで軽く抑えつつ、口角を左右に引っ張りながらさらに口角を上げる、というものです。
    これを毎日続けるだけという非常に気軽に取り組む事の出来る方法なので人気のある改善方法の一つとなっています。

    ポイントとしては、毎日必ず続ける努力をする事が大切です。自分の中でルールを決めて、「鏡の前に立ったら運動をするようにする」などを守っていくと良いかもしれませんね。
  • 唇を薄くする為の人気の方法(2)

  • 上記の運動と並んで人気のある方法があります。
    それは「ペットボトルトレーニング」と呼ばれる運動方法で、元々は口元のたるみを解消する為のトレーニングでした。

    なぜこれがたらこ唇を薄くする為の運動として有効なのかと言うと、たらこ唇の原因の一つに唇のたるみや肥満が数えられる場合があるからです。
    このように口元のたるみが目立つ場合、それが唇に反映されてしまう事があるので、このトレーニングで少しでも薄くする事が出来るように頑張ってみましょう。

    やり方は、まず、500ml以上のペットボトルを用意します。
    出来れば、形は丸みがある方が良いので、炭酸飲料が入っていたものを選ぶと良いでしょう。
    用意が出来たら早速トレーニング開始です。ペットボトルの口をくわえたまま空気を吸い込みます。
    口元に力を入れるように意識しながら行って下さい。

    次に、口に力を入れたまま空気を吐きます。これだけです。とても簡単ですよね。この一連の動作を10回くらいを目安に行って下さい。朝、夕に2セットずつやれば十分なので、忙しい人であっても継続しやすいのではないでしょうか。
  • 美は一日にしてならず。継続は力なり。

  • このように、整形手術という手段をとらなくても、唇の厚さを運動を用いて改善していく事は可能です。

    頭に常に入れていていただきたいのが、この方法に「即効性」を求めないようにするという事です。
    毎日継続をしていく事が結果へと繋がります。はやい結果ばかりを追い求めてしまうと、さほど変化の見られない毎日に嫌気がさしてしまいモチベーションが下がってしまう事になりかねません。
    まずは一か月で良いので必ずこのトレーニングを実践するようにしてみて下さい。

    開始する前に写真を撮っておいて、一か月後に再度撮影をしてみるのも良いかもしれません。
    そこで少しでも変化が見られたらやる気に繋がるのではないでしょうか。

    最後にプチ情報ですが、唇は噛めば噛むほど分厚くなってしまうのだそうです。
    自覚のある人はすぐにやめるようにして下さい。また、知らない内に噛んでしまっている事が多い人は口の噛み合わせに原因がある場合もあるので、歯医者さんなどに相談をしてみると良いでしょう。

    毎日のトレーニングを頑張ってコンプレックスを少しでも解消して、快適な毎日を送って下さいね。
たらこ唇を薄くする為の人気の方法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事