ロングスリーパーとショートスリーパーの違いを知っておこう

ロングスリーパーとショートスリーパーの違いを知っておこう

Thumb?1414295452 muah♪さん

961

"健康な人の平均の睡眠時間は、7時間から8時間が適当だと言われており、これぐらいの睡眠時間の人は平均寿命が長い傾向あります。
多くの睡眠時間が必要な人と、短時間の睡眠だけで生活ができる人が存在します。
ショートスリーパーは、過去6ヶ月の平均睡眠時間が6時間未満の人のことで、睡眠時間が少なくても活力のある生活ができます。
ショートスリーパーは、比較的眠りの浅いレム睡眠の時間が短いのが特徴になっており、効率よく睡眠が取れるのが特徴です。
寝つきがよく、朝の目覚めが良いのが特徴になっています。
ロングスリーパーは、過去6ヶ月の平均睡眠時間が9時間以上の人のことで、ショートスリーパーとは逆で長時間の睡眠を必要とします。
比較的眠りの浅いレム睡眠の時間が長いのが特徴になっており、夜間に目が覚めたり、早朝に覚醒しやすくなっています。
眠りの深いノンレム睡眠の時間は、ショートスリーパーと同じくらいになっています。
ロングスリーパーは、病的な症状の過眠症とは違いますが、睡眠の効率が悪く、長時間眠らないと昼間に眠気を感じたり、集中力が低下してしまう場合があります。
ロングスリーパーの人は、無理に睡眠時間を短くすると体調を崩してしまうので、最適な睡眠時間を確保する必要があります。
年齢によっても睡眠時間が変わる傾向があり、10代や20代の若い年代の人は睡眠時間が長い傾向があり、中高年以降になると少しずつ睡眠時間が短くなる傾向があります。
気候の変化でも睡眠時間が変わることが多く、夏の暑い時期は睡眠時間が短くなる傾向があり、冬の日照時間が短く、寒い時期は睡眠時間が長くなる傾向があります。
通常の場合は、7時間から8時間ぐらいの睡眠を取ることで、健康的な生活をしている人が多いです。
ショートスリーパーの人は、短時間の睡眠時間で元気に働ける人が多いですが、体調が悪い時は睡眠時間が長くなる傾向があります。
普段から睡眠時間が長いロングスリーパーの人は、9時間から10時間の睡眠時間が必要なことが多いですが、それ以上の睡眠時間が必要な場合は過眠症を疑うようにして、信頼できる医療機関で診察を受けることも大切です。
うつ病や統合失調症、不安神経症などの病気が隠れている場合は、早朝覚醒をしたり、寝つきが悪くなるため、不安感や緊張、いらいらなどが見られる場合は、医師に相談をするようにして下さい。
睡眠は健康のバロメーターなので、変化が見られたら病気を疑うことが大事です。"


  • 出典: www.tumblr.com

  • ショートスリーパーは、比較的眠りの浅いレム睡眠の時間が短いのが特徴になっており、効率よく睡眠が取れるのが特徴です。
    寝つきがよく、朝の目覚めが良いのが特徴になっています。
    ロングスリーパーは、過去6ヶ月の平均睡眠時間が9時間以上の人のことで、ショートスリーパーとは逆で長時間の睡眠を必要とします。
    比較的眠りの浅いレム睡眠の時間が長いのが特徴になっており、夜間に目が覚めたり、早朝に覚醒しやすくなっています。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 眠りの深いノンレム睡眠の時間は、ショートスリーパーと同じくらいになっています。
    ロングスリーパーは、病的な症状の過眠症とは違いますが、睡眠の効率が悪く、長時間眠らないと昼間に眠気を感じたり、集中力が低下してしまう場合があります。
    ロングスリーパーの人は、無理に睡眠時間を短くすると体調を崩してしまうので、最適な睡眠時間を確保する必要があります。
    年齢によっても睡眠時間が変わる傾向があり、10代や20代の若い年代の人は睡眠時間が長い傾向があり、中高年以降になると少しずつ睡眠時間が短くなる傾向があります。
    気候の変化でも睡眠時間が変わることが多く、夏の暑い時期は睡眠時間が短くなる傾向があり、冬の日照時間が短く、寒い時期は睡眠時間が長くなる傾向があります。
    通常の場合は、7時間から8時間ぐらいの睡眠を取ることで、健康的な生活をしている人が多いです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • ショートスリーパーの人は、短時間の睡眠時間で元気に働ける人が多いですが、体調が悪い時は睡眠時間が長くなる傾向があります。
    普段から睡眠時間が長いロングスリーパーの人は、9時間から10時間の睡眠時間が必要なことが多いですが、それ以上の睡眠時間が必要な場合は過眠症を疑うようにして、信頼できる医療機関で診察を受けることも大切です。
    うつ病や統合失調症、不安神経症などの病気が隠れている場合は、早朝覚醒をしたり、寝つきが悪くなるため、不安感や緊張、いらいらなどが見られる場合は、医師に相談をするようにして下さい。
    睡眠は健康のバロメーターなので、変化が見られたら病気を疑うことが大事です。

ロングスリーパーとショートスリーパーの違いを知っておこう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事