20代でもできてしまう目じりのしわを改善する方法とは?

20代でもできてしまう目じりのしわを改善する方法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

150

女性の場合、一番に目がいってしまうポイントでもあるのが目元です。
その目元にしわがあると顔を老けてみせてしまい、たとえ20代の若い世代であったとしても、実年齢よりはるかに上にみられてしまうことさえあります。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 20代でも目じりにしわができる理由
  • 目元にも栄養補給をしてあげる
  • 目元の血行を促進する
  • 内側からのケアも大切
  • 20代でできるしわ対策
  • 20代でも油断せずに日々のケアを
  • 20代でも目じりにしわができる理由

  • 20代でも目じりにしわができる理由
  • まだ若いからといって、油断していると目じりにしわができてしまいます。目元は他の部分に比べて皮膚が薄いため、外部からの刺激などに敏感に反応してしまい、それがシワに繋がってしまいます。

    例え20代であっても目じりのしわができてしまう原因としては、おもに3つが理由としてあげられます。

    まず1つ目の理由は、スマートフォンやパソコンを使い過ぎているということです。
    目が疲れて瞬きが増えたり、目の乾燥によって目元を擦ってしまったりすることで摩擦がおき、それが目じりのしわへと繋がります。

    2つ目の理由はアイメイクです。
    20代では、アイメイクに力を入れているという人が多いです。見た目にもさらに可愛くなれたり、自信にもなるアイメイクですが、マスカラを何度も重ね付けしたりして盛りすぎてしまうと、クレンジングの際にメイクが落ちにくくなり、力を入れて擦ってしまうなど目元に負担をかけてしまいます。その摩擦が原因で目じりのしわができてしまします。

    3つ目はマツゲエクステやカラーコンタクトです。
    20代女性には特に人気のマツエクやカラコンも、目じりのしわの原因の一つです。自分にあっていないマツエクやカラコンをすると、目が乾燥して瞬きが増えるため、目元を動かす回数が増えてしわに繋がります。
  • 目元にも栄養補給をしてあげる

  • 目じりのしわを改善するには、保湿がとても効果的です。
    ですが、保湿して効き目があるのは乾燥によってできてしまった軽度のしわで、真皮層まで深く刻まれてしまったようなしわだと、普通のスキンケアだけではどうしても効果が薄くなってしまいます。

    真皮層にまで深く刻まれてしまったようなしわには、コラーゲンや、ビタミンC誘導体などを取り入れることが効果的です。これらの栄養分をしっかりと目元に補給してあげることで、深く刻まれてしまったしわでも徐々に改善傾向へと向かいます。

    具体的には、ビタミンC誘導体が配合された化粧水や、コラーゲンが配合された美容液、目元専用のクリームなど、シワ対策ができる化粧品を使うと効果的です。自分の肌質にあったものを用意して、日々のケアに取り入れるようにします。

    たった数日でしわが消えてなくなるということはありませんが、例え深くまで刻まれてしまったしわでも、毎日諦めずにしっかりと栄養を補給してあげながらケアしていくことで、深くきざまれたしわが、徐々にですが薄くなって改善されていきます。
    毎日の小さな努力で大きな成果が実を結ぶので、諦めずにケアをし続けていくということが大切です。
  • 目元の血行を促進する

  • マッサージをしたり、ホットアイマスクを使用したりして、目元の血行を促進してあげるのも、目じりのしわを改善させるのに効果的です。目の周りの血行が良くなれば、その分肌に栄養が行きわたるので、シワの改善に効果があります。
    また、肌のターンオーバーも促進されて、潤いとハリが戻ってくるため一石二鳥です。

    スマートフォンやパソコンで目を酷使している20代の人には特にオススメです。眼精疲労の解消になるだけではなく、リラックス効果も期待できるため、就寝前などにやるとよいです。

    ホットアイマスクは店頭での購入もできますし、自宅でも濡らしたタオルをレンジで温めるだけで簡単に作ることができるため、手軽に取り入れることができます。
    温めたタオルをラップなどで包んで目の上に置けば、じんわりと温まって血行が良くなってきます。

    また、専用のクリームを使って目元のマッサージをするのも、目の周りの血行促進には効果的です。
    マッサージの際は、とにかく優しくマッサージすることを心掛け、強い力で擦ったりしないように気をつけます。

    目元の血行が促進されれば、20代ででできてしまった目じりのしわも徐々に改善されていきます。
  • 内側からのケアも大切

  • 保湿やマッサージなどの外側からのケアは、とても大切でしわの改善にも非常に効果的を発揮します。

    しかし、外側のケアばかりでは、どうしても限界があります。外側からのケアと同時に内側からもケアしてあげることで、さらにしわを改善させることができます。

    内側からのケアというのは、しわに効果的な食べ物や飲み物を摂取するということです。外側からだけではなく、内側からもコラーゲンやビタミンCを取り入れてあげると、しわの改善により効果的です。
    女性ホルモンが増えるようなものを摂取するのもよいといわれています。

    ビタミンCは柑橘系の果物や野菜などに多く含まれています。女性ホルモンを増やすような食品としては、納豆やきな粉など大豆イソフラボンがとれる大豆製品です。このような食品を日々の食事に取り入れて、毎日食べるとようにするとよいでしょう。

    日々の食事で取り入れるのが難しい場合には、ドリンクや健康補助食品、サプリメントなど手軽に摂取できるものと上手に組み合わせながら摂取すると、無理なく取り入れることができます。

    外側からと内側から、両方からケアしてあげることによって、より効果的にしわの改善がおこなえます。
  • 20代でできるしわ対策

  • 目じりのしわを作らせないためには、日頃から予防や対策をきちんとしてあげることが大切です。
    簡単にできる予防、対策の方法として3つあげてみます。

    まずは保湿です。目じりのしわを予防するためには、保湿が第一です。水分と油分をバランスよく補給してあげます。

    動かす回数が多い目元は、常に乾燥状態なので、化粧水やクリームなどを使ってしっかりと保湿してあげることが一番大切です。この保湿だけで、軽度なしわの場合は解消されることもあるので効果は絶大です。

    また、クレンジングでは絶対に力を入れないようにします。
    クレンジングの際にはアイメイク専用のリムーバーを使って、マスカラやアイシャドウを浮き上がらせるようにしてから、優しくふき取って落とすようにします。ゴシゴシと擦ってアイメイクを落とすということは、目じりのしわを作ってしまうので絶対にやめてください。

    週末など週に一度は、スペシャルケアを取り入れるようにします。毎日きちんと保湿していても、目元は思っている以上に酷使されている場所なので、週に一度はシートパックなど普段とは違うスペシャルケアをしてあげることで目元にハリをあたえ、目じりのしわを予防できます。
  • 20代でも油断せずに日々のケアを

  • 目元はとてもデリケートで、刺激を受けやすいところです。そのため、ケアをおこたれば、たとえ20代の若い世代であっても、年齢に関係なくあっという間にしわができてしまいます。

    目元にしわがあるとどうしても老けた印象になってしまい、第一印象もどこか暗く見えがちだったりとあまりよく見てもらえないことが多くなります。目元のしわは、相手への印象にとても大きな影響を与えてしまいます。

    実年齢よりも老けてみえるなんてことにならないようにするためには、まずはしわを作らせないということが大事です。

    丁寧にスキンケアをしていけば、これからできるしわは予防できますし、たとえすでにしわができてしまっていたとしても、薄くすることだって可能です。

    大切なのは、続けていくというとこです。正しい知識を持って、正しいスキンケアを続けてさえいれば、いつか必ず肌がその努力に応えてくれる日がやってきます。

    しわの予防や改善への近道は、これまでのスキンケアを見直し、今日から小さな努力を積み重ねていくということが大切です。

    難しい特別ななにかではなく、誰にでもすぐに取り入れられるようなそんな簡単なことばかりなので、どんな人でも気軽にしわ予防、改善生活をスタートさせることができます。
20代でもできてしまう目じりのしわを改善する方法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事