右腰が痛いときには寝方を改善してみるといい

右腰が痛いときには寝方を改善してみるといい

Thumb?1414295452 muah♪さん

1375

人の寝方というのは実はとても重要なものだといいます。
寝相の悪い人もいれば、まるで動かないという人もいます。しっかりとお布団をかぶって寝ていたはずなのに、いつの間にか布団が遠くへ、という人なども珍しくはないですが、そのような人の場合、腰が痛くなってしまっている人も多いといいます。
なので、そのような人の原因をしっかりと知っておくことが大切です。


  • 出典: instagram.com

  • 寝方でその人の不調がどんなものかを知ることもできるといいます。
    たとえば、横向きで寝るという人は体がゆがんでいる可能性があります。骨盤のゆがみが原因で仰向けで寝るというのがつらいため、無意識に横向きになっている可能性が高いのです。また、右腰が痛いという人は寝方が悪い場合が多いです。腕を内側に入れて、腰をねじった状態で寝ている姿勢になっていることもあります。右腰が痛い、というときは一度寝方をきちんと考えてベッドや布団で横になるようにしてみるといいです。腰にタオルを巻いて寝ると、腰を痛めずにいることができるということです。
  • 出典: instagram.com

  • コルセットのように腰にバスタオルか少し大きめのタオルを巻いて、そのまま仰向けに寝るだけでいいので、簡単に実行することができます。寝ている間の余計な動きを抑えてくれる効果があるので、腰回りの筋肉を痛めてしまうようなことがないように保護することができるのです。右腰が痛いという人でもそれを仰向けに寝るだけで改善することができるのでとても便利です。
    また、腰の痛みは寝方だけではなく、生活習慣などでも改善することができるので、できるだけ片方の腕や手だけを使うのではなく、両方の手を使うようにするといいです。どちらかの腰が痛くなってしまうのは、ゆがみと寝方が悪いからです。気をつけていくと、少しずつ改善されていきます。

  • 出典: instagram.com

  • ベッドや布団で横になるときには、その人によって寝やすい姿というのがあります。
    ですが、それを少し改めるだけで、腰の痛みやゆがみなどを治すこともできるので、できるだけ取り入れるようにしてみるといいです。
    簡単な方法でこれ以上悪くならないようにしたり、ゆがみを改善することができるようにしておくことが大切なのです。整体や専門医などに相談や診察をしてもらい、アドバイスをもらったら実行するようにします。右腰が痛いというときはゆがみのせい、とばかり考えずに、一度医師に診察してもらうことです。内蔵が原因の痛みの可能性もあるので、できるだけ早く診察を受けることです。

右腰が痛いときには寝方を改善してみるといい
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事