魅力的なボディーを作る朝活メニュー

魅力的なボディーを作る朝活メニュー

Thumb?1414295452 muah♪さん

678

お正月太りから、体重が戻らない…。
そんな方に朗報!朝活20分のダイエット方法をお送りします。


  • 朝の運動は脂肪を燃やすゴールデンタイム

  • 朝の運動は脂肪を燃やすゴールデンタイム
  • 朝ごはんを食べる前の時間帯は、体の中にすぐに燃やせる栄養分がありません。
    通常運動時には、まず食事で取った糖エネルギーが使われ、それがなくなると脂肪を燃やしてエネルギーが使われます。個人差もありますが、糖エネルギーを使い切るまでには20〜30分ほどかかると言われています。
    しかし、朝の時間帯は、夕食から時間が経ち、寝ている時にもエネルギーは消費されている為、体内の糖エネルギーが少ない状態から運動し始めることができます。つまり、朝の運動は短時間で脂肪を効率よく燃やすことができるのです。
  • 朝の運動で代謝アップ

  • 朝の運動で代謝アップ
  • 朝一番は体温が低い時間帯です。
    しかし、早朝の20〜30分の運動で、体温をあげることができます。
    さらにその後1日を通して、代謝が活発化した状態が続く効果もあります。例えば、徒歩での通勤、階段の上り下り、仕事中の動作1つ1つでも、より脂肪が使われやすくなります。
    普段と同じ行動を取っても、いつもよりエネルギーが使われやすい状態になっているため、よりダイエット効果が期待できます。
  • 朝の運動にはランニング・ウォーキングがオススメ

  • 朝の運動にはランニング・ウォーキングがオススメ
  • ランニングやウォーキングに必要なものは運動靴のみ。
    誰でも始めやすい運動の1つでしょう。
    ランニングは、人間にとって大きな筋肉である太ももの筋肉をよく動かすため、短時間で多くの運動量を稼ぐことができます。ランニングが難しい方はウォーキングから始めてもOK!徐々に負荷を上げていきましょう。
    また、日の光を浴びるため、体内時計がリセットされ、健康維持にも効果が期待できます。
  • ランニング・ウォーキング時の注意点

  • 脂肪燃焼のためには、筋肉をより大きく動かすことが必要です。
    ウォーキングの際は、腕を90度に曲げ大きく振りながら、足は地面を足の裏全体で蹴るようにして行いましょう。ランニング時はスピードをむやみに上げず、走りながら会話ができる程度の軽度のものでOK!
    また、朝一番は水分が不足し、身体も目覚めていません。脱水症状にならないために、コップ1杯の水を飲んでから、そして、準備運動をしっかりと行い、怪我をしないよう行いましょう。

    継続するためには?
    ダイエットは日常生活の適正化がポイント。
    走る日をあらかじめ決めておくことが大切。無理をしないよう、最初は週に2〜3日。例えばお休みの日だけ走る、といった具合に決めておきましょう。
    また、周囲の人たちにランニングを始めたことを知らせたり、お気に入りのウェアを買うことで、走る理由付け=モチベーションを保つ工夫をしてみましょう。

    朝活でランニングを行い、気持ちの良い朝を感じましょう。
    そして、夏に向けて魅力的なボディーをゲットしましょう!
魅力的なボディーを作る朝活メニュー
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事