お酒を飲むと何故むくむの?アルコールとむくみの関係

お酒を飲むと何故むくむの?アルコールとむくみの関係

Thumb?1414295452 muah♪さん

1268

大変だった一日の終わりにお酒を飲むのは本当に楽しいですよね。ところが、翌朝顔がパンパンにむくんでしまっていた…なんて経験はありませんか?どうしてアルコールを摂取すると、顔がむくんでしまうのでしょうか。


  • お酒を飲むとなぜむくんでしまうのか

  • お酒を飲むとなぜむくんでしまうのか
  • 大変だった一日の終わりにお酒を飲むのは本当に楽しいですよね。ところが、翌朝顔がパンパンにむくんでしまっていた…なんて経験はありませんか?どうしてアルコールを摂取すると、顔がむくんでしまうのでしょうか。
  • お酒を飲むと何故むくむの?

  • お酒を飲むと何故むくむの?
  • アルコールには利尿作用があります。つまり、アルコールを摂取すると体の水分の多くは尿として排出されます。しかし、アルコールを分解するには水分が必要なため、私たちの体は失った分より多くの水分を欲しようとします。このとき摂取した余分な水分が、翌朝むくみとして現れるのです。
    また、顔や目のまわりの組織は水分がたまりやすいので、むくみが顔に現れやすいのはこのためだと言われています。
  • お酒を飲んでもむくまないために

  • お酒を飲んでもむくまないために
  • お酒を飲んでもむくまないためには、どうしたらいいのでしょうか?
    1.味の濃いおつまみは厳禁
    お酒を飲んでいると、味の濃いおつまみを食べたくなりがちですが、おつまみに含まれる塩分は体内に水分を多く取り込んでしまう性質があります。翌朝のむくみを気にするなら、味の濃いおつまみは控えるようにしましょう。
    2.お酒は量を飲み過ぎない
    お酒は適量にとどめておくことも大切です。この場合の「適量」とは、純アルコール量にして20〜40g程度。
    具体的には…
    ・ビール(約500ml)
    ・日本酒(約180ml)
    ・ワイン(約180ml)
    ・缶チューハイ(約520ml)となります。
    また、女性やお酒に弱い人などはこの数値よりも少ない量になるので、飲み過ぎないように注意しましょう。
    3.カリウムが多く含まれる食品を摂る
    むくみの原因となる塩分(ナトリウム)は、カリウムを摂ることによって体外へ出すことができます。カリウムを多く含む食品は、パセリ、アボカド、納豆、ワカメなどの野菜類や豆類などです。食品で摂るのが難しい場合には、サプリなどで補ってもいいかもしれません
  • むくんでしまった時の対処法

  • むくんでしまった時の対処法
  • 1.むくみに効果的なツボ
    「太陽」という、こめかみの中央のむくみに効果的なツボがあります。こめかみを触るとズキズキとする場所にツボがあるので、親指で押し上げるように刺激します。
    2.朝風呂でむくみを解消
    身体が冷えて、血行が悪くなるとむくみは悪化します。いつもより早く起きて、温かいお風呂に浸かることで体温を上げ、むくみを解消します。
    3.顔のマッサージをする
    美顔ローラーなどを使って顔のマッサージをします。手軽な方法なので、朝の忙しい時間帯にもできておススメです。
お酒を飲むと何故むくむの?アルコールとむくみの関係
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事