内臓疾患が腰痛の原因の場合に痛みを感じる場所

内臓疾患が腰痛の原因の場合に痛みを感じる場所

Thumb?1414295452 muah♪さん

1632

二本の足で立って歩行する人間は腰痛を起こしやすいと言われます。通常腰痛の原因として骨盤や体の姿勢などが影響しているものの場合、まずは整形外科などを受診して治療を行います。


  • 出典: instagram.com

  • けれども内臓の病気が腰痛の原因になっている場合、いくら整形外科に行ったりマッサージを受けたりしても痛みの症状が改善することはほとんどありません。腰痛というと骨や筋肉、椎間板などに不具合が出てていると考えがちですが、実は内臓疾患が原因になっていて、そのまま放置したために病気が悪化してしまったというケースもあります。腰痛の原因になる可能性のある内蔵としては胃や十二指腸、胆嚢やすい臓、腎臓や膀胱、女性ならば卵巣や子宮など、様々な臓器が潰瘍や炎症などのほか石ができてしまった場合や、がんに罹っている場合などにも、腰に痛みを起こす原因になる可能性があります。けれども実際は腰の位置に近い場所にある腎臓などの臓器ならばわかりますが、内臓の場所が腰痛の場所からかなり離れたところにあることも考えられます。
  • 出典: instagram.com

  • しかし、その場合も関連痛によって痛みが起こります。これは、実際に痛みがある場所と、原因となっている臓器が離れているけれども痛みが生じるというものです。腰痛にもいろいろなタイプがありますが、一般の腰痛と内臓が原因で起こる腰痛を見分ける方法としては、横になるなど安静な状態にして姿勢を変えずにいても痛みを感じるかどうかという点です。膵臓や腎臓などが原因となっているときには、背中に刺激を与えると、突き刺さるような痛みを感じるケースもあります。腹部大動脈瘤は動脈硬化によって血管が膨らみ、破裂してしまうと、その約7割ほどの人が死亡してしまうような恐ろしい病気ですが、特に血圧の高い人に起こりやすく、腹部や背中などに激痛が起こるのが特徴です、骨や筋肉、椎間板や内臓などにも特に異常がないという場合でも、帯状疱疹にかかったり、うつ病による神経痛によって腰痛を引き起こすこともあります。
  • 出典: instagram.com

  • 少なくとも、腰痛は骨や筋肉が原因で起こる痛みなので、湿布でもしておけば治るといった安易な思い込みは絶対に避けなくてはなりません。内臓疾患が原因の腰痛なら、整形外科ではなく、内科や、脳外科などを受診する必要も出てきます。今症状として出ている腰痛の特徴をしっかりと理解し、早期に適切な治療を受けることが、痛みを緩和し、命の危険を招くような病気を予防するために、何よりも大切になります。

内臓疾患が腰痛の原因の場合に痛みを感じる場所
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事