寝苦しさを解消!暑い夜のジメジメ対策法とは

寝苦しさを解消!暑い夜のジメジメ対策法とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

558

夏の暑い日など、湿気でジメジメして寝苦しいと感じるときはありませんか。寝苦しいとなかなか眠りにもつけず、眠れてもまた目が覚めたり、熟睡できずに寝不足になったりします。そんな時、寝苦しさを解消するには、どんな方法があるのでしょうか。


  • 寝苦しさを感じる夏は疲れがたまります

  • 寝苦しさを感じる夏は疲れがたまります
  • 夏の暑い日など、湿気でジメジメして寝苦しいと感じるときはありませんか。寝苦しいとなかなか眠りにもつけず、眠れてもまた目が覚めたり、熟睡できずに寝不足になったりします。寝不足が続くと疲れがたまり、体力も低下して夏バテになったりします。夏は気温があがり、体に熱が蓄積された状態で、うまく熱を外に発散できなくて寝苦しいと感じます。そんな時、寝苦しさを解消するには、どんな方法があるのでしょうか。
  • 寝苦しさを解消するための方法

  • 寝苦しさを解消するための方法
  • まず、よく眠れるように体のリズムを整えることが大切です。しっかり食事を摂り、適度に運動する。そして質の良い睡眠をとることが、快眠へと繋がっていきます。それでも、寝苦しい夜は簡単にできる方法で対策をとるのが良いでしょう。
    一つ目は、帰宅したら窓開けて自然の風を部屋に入れる事です。外出している間に部屋にこもっていた、湿気や熱を取り除くことで部屋が冷やされ、眠りにつきやすくなります。
    二つ目は、布団を干すことです。人は寝ている間に、コップ1杯分の汗をかくと言われているため、布団には湿気がたまりやすくなっています。布団を干すことで寝苦しさも解消されます。ただし、気をつけなければいけない点があります。日中の暑い中で何時間も干していると、逆に熱がこもってしまいますので、干す時間は、午前中に1時間程度干すのがベストです。また湿気は、下に溜まりやすくなるため、裏側から干すのが良いです。また、布団を選ぶときは通気性が高いものを選ぶことも大切です。
    三つ目は、エアコンと扇風機で温度をうまく調節することです。ジメジメする夜は、湿度が高いことが多いため、エアコンや除湿機で湿気を取り除くことです。湿度を下げると、そんなに蒸し暑さは感じなくなります。だいたいの目安としては、湿度50〜60%であればそれほど不快になりません。エアコンは体を冷やしすぎてしまい、夏バテや体調不良につながるため、夜はタイマーで調節した方がよいです。あとは、扇風機を使うことで暑さを和らげます。
    四つ目は、寝る前には、アルコールやカフェインが含まれている飲み物をさけた方がよいです。
    五つ目は、体を冷やすことです。頭には、冷却シートやアイスノンなどで冷やしたり、首も濡れたタオルなどで冷やすと、体内の熱が摂れるので、寝やすくなります。ただし、冷やしすぎは体調を崩しやすくなるので、気をつけなければなりません。
  • 自分に合った対策方法を見つけましょう

  • 自分に合った対策方法を見つけましょう

    出典: instagram.com

  • このように、ジメジメして眠れない夏の夜は、色々な対策方法があります。少しでも快眠できるように、試して見ることです。その中で自分のやりやすい方法や、自分に合ったものを取り入れると良いでしょう。
寝苦しさを解消!暑い夜のジメジメ対策法とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事