夏バテの原因は高温度の気温が続くことに起因

夏バテの原因は高温度の気温が続くことに起因

Thumb?1414295452 muah♪さん

456

夏に不眠や下痢、だるさなどの症状が出る夏バテ。どんなことに気を付け、対策をとっていくのがよいのでしょうか。


  • 冷たい飲み物のとりすぎと対策

  • 冷たい飲み物のとりすぎと対策
  • 夏バテは、夏に体調不良になることです。主な症状は、不眠や下痢、だるさなどです。
    夏バテの原因は、高温度の気温が長く続くことに起因しています。それによって、食生活や睡眠時間が乱れます。

    気温が高いと、冷たい飲み物や炭酸飲料を飲む機会が増えます。冷たい飲み物や炭酸医療は、口にした瞬間は冷たく感じて心地よい状態になりますが、それらは内臓の温度を下げてしまいます。内臓の温度が下がると、本来の機能を発揮しにくくなります。そのため、下痢に陥りやすくなります。これは、ビールなどのアルコール類に関しても同様です。

    そのため、冷たい飲み物ばかりではなく常温の水やお湯も摂取するように心がけます。
  • 食生活の面での対策

  • 食生活の面での対策
  • また、暑い日はのど越しがよい麺類を食べる傾向にあります。しかし、麺類は糖質が多くてタンパク質が少ないことが特徴です。食べやすいことも手伝って、早食いになったりつい食べ過ぎてしまうこともあります。この状態が続くと、体重の増加やだるさにつながります。

    その対策として、食事の際は麺類だけでなく、野菜や肉も適度に食べるようにします。
    野菜は、身体の調子を整えるビタミンやミネラルを多く含みます。
    肉は、タンパク質によって筋肉の疲労を回復させる働きがあります。ゆえに、夏バテを防ぐ働きがあります。
  • 暑さによる睡眠不足の対策

  • 夏バテの原因には、睡眠不足も関係しています。暑くて寝苦しい夜は、快適な睡眠を妨げます。場合によっては、暑くて夜中に何度も起きてしまうこともあります。睡眠が足りないと、朝にすっきり起きられなくなります。
    寝不足は、身体のだるさのみならず集中力が不足にもつながります。そうなると、仕事や勉強に支障をきたします。よって、ぐっすり眠ることは非常に大切です。

    その対策として、エアコンや扇風機の使用が求められます。暑い夜でも快適な睡眠時間を確保するためは、適宜エアコンや扇風機を使用して対応策を取ります。部屋の温度が快適になると、よく眠れるようになります。
    エアコンや扇風機を快適に活用するコツは、就寝前にタイマーをかけたり人体から風向きをずらして設定することです。冷風が直接風当たると、体が冷えて風邪をひいてしまいます。また、長時間風に当たると身体がだるくなります。

    ほかには、部屋の温度を高温にしない対策があります。それは、日中に窓にすだれをかけたり打ち水をすることです。
    窓にすだれをかけると、太陽の光が部屋に直接入り込むのを防げます。
    打ち水は、周囲の気温の上昇を緩和します。それによって、外気や部屋が高温にならなくて済みます。そして、快適な室内で良質な睡眠時間を確保できます。
夏バテの原因は高温度の気温が続くことに起因
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事