夏バテの原因のひとつ、冷たい飲み物の飲みすぎ

夏バテの原因のひとつ、冷たい飲み物の飲みすぎ

Thumb?1414295452 muah♪さん

1169

冷たい飲み物を暑い夏にはどうしても飲みたくなるのですが、飲みすぎは、夏バテの原因のひとつとなります。


  • なぜ冷たい飲み物の飲みすぎはダメなの?

  • なぜ冷たい飲み物の飲みすぎはダメなの?
  • 冷たく冷えたビールやジュースなど、暑い夏にはどうしても飲みたくなるのですが、冷たい飲み物の飲みすぎは、夏バテの原因のひとつとなります。
    冷たい飲み物を飲みすぎると、胃液が薄くなって、消化機能が低下したり、胃腸が冷えて消化機能が低下してしまいます。そして、胃腸の働きが低下することによって、十分な栄養が胃腸で吸収されなくなってしまい、体力が減少し、疲れが体に溜まってしまうというわけです。
    胃腸の機能が弱っている時に、冷房がきいた環境の中での「冷房病」による自律神経の乱れがプラスされ、さらに胃腸の機能が低下してしまう悪循環となるわけです。
  • 夏バテの防止対策

  • 夏バテの防止対策
  • 冷たいものの飲みすぎによる夏バテの防止対策については、まずは、なるべく冷たいものを控えるということです。
    そして、ビタミンやミネラルなどの栄養素を、積極的に摂取するようにしましょう。もし、食欲がない場合には、辛いものや酸っぱいものを食べて、食欲を刺激することをおすすめします。
    ただし、刺激物の摂り過ぎはNGとなります。逆に胃に負担をかけてしまうようになるからです。

    最近の省エネ風潮の中においても、オフィスには夏場寒い場所があります。室内で冷えた体に、さらに冷たい飲み物では、体を酷使しすぎることになりますので注意しましょう。
    身体を冷やすということは、代謝や免疫力が低下する要因となります。つまり、夏場であれば、夏バテになるというわけです。
  • 水分補給の際の注意点

  • 水分補給の際の注意点
  • 冷たい飲み物を一気に飲むと、胃は驚いて働きが悪くなります。暑い夏には、冷たい飲み物を一気に飲んで、体を冷やしたいと誰もが思うことです。
    しかし、本当に爽快な「冷え感」を感じるのは、実は温かい飲み物の方が効果があります。重要なポイントは、水分を摂って汗をしっかりと出すことなのです。
    汗は皮膚の表面で蒸発しますが、その時に体の表面から熱を奪う際に、爽快な「冷え感」が生まれるというわけだからです。ゆえに、夏場の水分補給のポイントは、常温、もしくは温かい状態の飲み物を、飲むということになります。

    果物ジュースや炭酸飲料などのような甘みのある飲み物は、冷やすことで甘みを感じにくくなるという特徴があります。その結果、つい飲みすぎてしまうというわけです。
    また、汗で奪われた水分補給には、スポーツドリンクが有益なのですが、甘みのあるスポーツドリンクの場合には、運動をしないで摂取すると、カロリーオーバーになってしまいますので注意しましょう。

    夏場の体調管理には、水の取り方が重要となります。喉が渇いたと感じる前から、何回かに分けて、少量の水分を飲むという飲み方をおすすめします。
夏バテの原因のひとつ、冷たい飲み物の飲みすぎ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事