夏バテの原因とその症状、対策

夏バテの原因とその症状、対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

477

夏の高温多湿が原因の体調不良で、倦怠感や食欲不振などの症状を引き起こす夏バテ。夏バテ対策として、どんなことに気を付けていけばよいのでしょう。


  • 夏バテが起こる原因とは

  • 夏バテが起こる原因とは
  • 夏バテは、夏の高温多湿が原因の体調不良で、倦怠感や食欲不振などの症状を引き起こします。暑気あたりや夏負けとも言われます。

    原因としては、発汗過剰による脱水症状やミネラル不足、暑気による食欲不振からの栄養不足、睡眠不足、更には、エアコンが効いた室内と高温多湿の外気を行き来することで起こる自律神経の乱れなどが挙げられます。

    高温多湿の中にいると、発汗や血管を広げたりすることで体温を一定に保とうとして、身体に大きな負担がかかります。この体温を逃がす機能をコントロールするのが自律神経ですが、負担が大きくなりすぎるとバランスが崩れてしまうことがあるのです。
    自律神経は、全身の機能に影響を与えるために、ここが乱れると心身共に不調をきたすことになります。
  • 夏バテの症状と対策

  • 夏バテの症状と対策
  • 主な症状として、全身の倦怠感や食欲不振、下痢や便秘、無気力、思考力の低下などに加えてめまいや立ちくらみ、発熱や頭痛などがあります。
    また、夏バテのために体力が低下して、夏風邪を引き起こしたりする他、隠れていた疾患の悪化や進行という危険もあります。症状が長引く時は、医療機関での受診をお勧めします。
    また、「夏バテ」と言われるために、猛暑の夏だけに起こる症状と思われがちですが、気候の不順な梅雨時や、初夏にも起こりやすいとされています。

    夏バテ対策として一番の基本は、規則正しい生活だと言えるでしょう。
    具体的には、夜更かしはせず、その日の疲れはその日中にとること、そして栄養バランスの良い食事を心がけることです。特に、良質なタンパク質やエネルギー、ビタミンを多く含んだ食品は、疲労回復に効果的です。豚肉やうなぎ、山芋や豆類、玄米などは理想的です。また、軽い運動は自律神経の働きを高めますので、朝夕の涼しい時間の散歩や体操などは効果的です。
  • 空調において気を付けること

  • 空調において気を付けること
  • 特に大切なのは、空調の効いた室内と外気の温度差を、5−6度に抑えることです。これ以上になると自律神経の乱れを引き起こしやすくなると言われます。冷気が直接当たらないような工夫や、上着や長いズボンの着用などで小まめに調節しましょう。

    更に、お風呂に入った時に、湧泉と呼ばれるツボをゆっくり押してみてください。ここは足の裏の人差し指と中指の骨の間にある、少しくぼんでいる部分ですが、自律神経の働きを促進すると言われます。

    また、栄養は食事から取ることが基本ですが、食欲が落ちて十分に食べられず、疲れやだるさがとれないことあります。そのような時には、疲労回復に効果のあるビタミン群が配合されているドリンクやサプリメントも活用してみましょう。

    前述しましたとおり、夏バテの症状に疾患が隠れていることもあります。症状が長引いたり、体力の衰えが止まらないような時には、医療機関で診察を受けることをお勧めします。
夏バテの原因とその症状、対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事