夏バテの原因と予防方法と塩分の摂り方

夏バテの原因と予防方法と塩分の摂り方

Thumb?1414295452 muah♪さん

674

汗をかくことは暑さから身を守るための自然現象になり、体温を調節する働きがあります。夏バテの予防として、水分と塩分を補給することが必要になります。


  • 夏バテの予防方法にはミネラル

  • 夏バテの予防方法にはミネラル
  • 夏は大量の汗をかきますが、これは暑さから身を守るための自然現象になり、体温を調節する働きになります。そしてこの働きを司っているのが自律神経になり、これが乱れることによって夏バテになります。
    また大量の汗をかくことで、脱水症状を起こして熱中症などになりますが、これは身体の中からミネラルが大量に失われることで起こります。
    つまり夏バテの予防として、身体から失われた水分とミネラルを補給することが必要になります。そして自律神経のバランスを保つことができ、夏バテを防ぐことができます。

    夏バテの予防方法にはミネラルを補給することが必要になることが分かりましたが、ミネラルには塩分やマグネシウムなどの成分が含まれています。
    この成分の中でも特に多く含まれているのが塩分になり、汗をなめるとしょっぱいと感じるのはこのためです。
    そして塩分には身体の細胞膜や体液のバランスを保つ働きをしていますが、体液には水分と塩分が含まれています。これが汗によって大量に失われることによって、脱水症状を起こして熱中症や熱中症になります。
  • 効果的な水分補給

  • 効果的な水分補給
  • このことから夏バテの予防として、水分と塩分を補給することが必要になります。
    そして水分の補給の仕方として、一度に大量の水を摂るのではなく、こまめに補給することが必要です。それは一度に大量の水分と塩分を補給すると、身体の体液のバランスを崩してしまうからです。
    そして補給方法として、喉が渇いていなくても定期的に補給することが必要です。
    また汗をかいていない場合でも夏場は、適度に補給することで脱水症状を防ぐことができます。それは夏場は気がつかないうちに体液が減少していたり、尿などによって排出されていることがあるからです。
    さらに脱水症状は当日の水分や塩分の補給だけではなく、数日前からの補給が影響していることがあります。そして夏には寝ている時も大量の汗をかいているため、寝る前に水分などを補給することで、翌朝の身体の調子を保つことができます。
  • カフェインなどは控えめに

  • カフェインなどは控えめに

    出典: instagram.com

  • このことから夏バテの予防として、定期的に水分などを補給することが必要になります。
    これが夏バテの予防方法になり、暑い時季を乗り越えることができます。
    そして水分の補給には、スポーツドリンクや水や麦茶に塩分を加えたり、食事に梅干しを足す方法があります。

    ただしカフェインが含まれている飲料は、かえって利尿作用を促すため、大量に摂らないことも心がける必要があります。

    このことから夏バテの予防には定期的な水分と塩分の補給が必要になり、これが自律神経を乱さずに夏を乗り越える方法になります。
夏バテの原因と予防方法と塩分の摂り方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事