愛犬の熱中症・夏バテ予防

愛犬の熱中症・夏バテ予防

Thumb?1414295452 muah♪さん

426

最近は毎年猛暑が騒がれ、熱中症や夏バテ対策は欠かせないものとなっています。これは人間だけではなく、愛犬も然りです。口を大きく開き、ベロがだらりと口の横から出ている場合は要注意です。


  • 夏バテと熱中症の違い

  • 夏バテと熱中症の違い
  • ここ最近は毎年猛暑が騒がれ、熱中症や夏バテ対策は欠かせないものとなっています。これは人間だけではなく、愛犬にとってもとても重要なものです。
    犬は人間より暑さが大の苦手。あの毛むくじゃらな様子を見ていると納得もできますが、彼らは一年中毛皮を着ているようなものなので、人間にとってはまだ耐えられる暑さでも、愛犬にとっては過酷な環境であることも少なくありません。

    愛犬にも、しっかりとした熱中症や夏バテ予防が必要です。

    その熱中症と夏バテですが、違いがあります。
    熱中症の症状は、呼吸が浅く早くなる。口を大きく開き、ベロがだらりと口の横から出ている。口からよだれを垂らしたり、泡を吹いたりする。ぐったりする。他にも、痙攣や体温の上昇等があります。いずれも、ほんの数時間のうちに状態が激変します。

    夏バテの症状は、食欲がない、もしくは食欲の低下。元気がない、動きたがらない。名前を呼んでも反応が鈍い、もしくは反応しない。下痢や軟便、発熱等です。
    ちなみにこれが症状が重くなってくると、持続的な食欲不振、体重の低下。ぐったりして動こうとしない。極度の脱水症状等が見られます。
    これらは、急激に変化するということではなく、数日から数週間かけてじわりじわりと影響が出てきます。
  • 「水分補給」「食事の管理」「気温管理」

  • 「水分補給」「食事の管理」「気温管理」

    出典: instagram.com

  • ですから熱中症と夏バテの違いはというと、その時間の経過なのです。
    このような症状で愛犬を苦しませないように、対策をしっかりとしていきましょう。

    では、熱中症や夏バテを予防するにはどうしたらいいのでしょうか。

    予防のカギ、それは「水分補給」「食事の管理」「気温管理」の3つです。

    水分は生きていくのに大切な要素。水分不足になると、脱水症状から血液中の水分量も低下し、その結果血液粘度も高まり、血液によって運ばれるはずの栄養分なども不足し、多機能不全を引き起こしやすくなったりする等、様々な障害がでてきてしまいます。ですから、いつでも新鮮な水が飲めるようにしてあげたいものです。特に屋外に出る散歩時には、水筒等に水を入れて行くのもいいでしょう。
    時には水遊びなどしてあげるのも、熱中症や夏バテ対策にもなり、その上楽しくていいかもしれません。
  • 楽しみながら愛犬の熱中症や夏バテの予防を

  • 楽しみながら愛犬の熱中症や夏バテの予防を

    出典: instagram.com

  • 食事管理は栄養バランスと水分です。
    最近の市販フードは栄養バランスがよく作られていますから、市販フードを与えていればさほど問題はなさそうですが、ドライフードを与えていてあまり食べないようになってしまったら、70〜80%の水分を含むウエットタイプに変えてみるのも一つの手です。

    気温管理では、室外と室内の温度差があり過ぎると、体温調節がうまくいかなくなるので、エアコンでの室内の冷やし過ぎにも注意が必要です。散歩はあまりにも暑い時間は避け、早朝など涼しい時間に行きます。

    早起きは三文の徳ともいいます。
    飼い主も楽しんで、愛犬の熱中症や夏バテの予防をできるといいのではないでしょうか。
愛犬の熱中症・夏バテ予防
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事