犬の夏バテを予防するために直射日光を避けましょう

犬の夏バテを予防するために直射日光を避けましょう

Thumb?1414295452 muah♪さん

476

犬夏バテになりやすいって知っていましたか?夏バテは湿度の高い夏場に起こることが多く、元気がなく食欲が落ちるといった症状が現れます。


  • 換気を良くして風通しの良い環境を作る

  • 換気を良くして風通しの良い環境を作る
  • 屋外、屋内問わず犬に発症するのが夏バテです。
    夏バテは湿度の高い夏場に起こることが多く、元気がなく食欲が落ちるといった症状が現れます。最近は犬を留守番させて外出するケースも少なくなく、特に夏には犬舎の環境などに気を配ることが必要になるのです。
    夏バテを避けるためには、何よりも換気を良くして風通しの良い環境を作ることが大切になります。直射日光を避け、涼しさを感じられるスペースを確保することが必要になるのです。

    直射日光は時に室内犬にもダメージを与えます。真夏のガラス越しの直射日光は、意外に温度が高いため犬にとっては夏バテを起こす一つの原因となってしまうのです。
    室内の場合には、通気性も外に比べて悪いことが多く、密閉された室内での温度上昇は特に危険です。
    屋外で飼っている犬の場合には、犬舎や食事、運動するスペースに直射日光が当たらないように工夫をします。
    日光の当たる範囲は時間と共に変化するため、スペースを確保する際には1日を通して直射日光が当たらない場所を選ぶことが大切になるのです。光の当たり方や通気性を考えることで、夏バテのリスクをある程度は抑えることが出来ます。
  • ペットの状態や体調に気を配る

  • ペットの状態や体調に気を配る

    出典: instagram.com

  • このような夏に向けての準備は初夏ごろから始めるのが望ましいのです。

    夏バテは様々な要因で起こりますが、時にペットの状態にも左右されます。高齢や病気の治療中などの場合には、特に気を配る必要が出てきます。
    イギリスなど気温の低い地域が原産の犬種も、特に暑さへの耐性が低いとされているのです。
    肥満傾向がある場合や消化不良を起こしている時にも注意が必要です。

    人間の熱中症の場合にも特にリスクの高くなる要因がありますが、ペットの場合にも特に高リスクといった状態があるのです。
  • ペット専用の冷却グッズも

  • ペット専用の冷却グッズも

    出典: instagram.com

  • 又、夏バテの原因は暑さだけではありません。時に1日中クーラーにさらされていた場合にも発生することがあります。このような場合には、自律神経が乱れてしまうことが原因となり、症状が現れてしまうのです。

    最近では、ペット専用の冷却効果のあるクールマットやプレートが発売されています。このような商品を利用すれば、場合によっては扇風機程度でも十分に対応出来る場合があるのです。

    犬の暑さへの感覚は、人間よりも敏感です。従って、夏バテ予防のための暑さ対策をする上では、人間の感覚を参考にする一方、よりシビアに環境を見直すことが必要になる訳です。
    湿度の高い日が続く梅雨時から、徐々にペットの暑さ対策を講じていくことで、夏バテのリスクを減らすことが出来ます。
犬の夏バテを予防するために直射日光を避けましょう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事