夏バテの改善には食欲が出るメニューを

夏バテの改善には食欲が出るメニューを

Thumb?1414295452 muah♪さん

347

夏の炎天下、立ちくらみを起こしたり、毎日の猛暑で食欲をなくすこともあります。そんなときの対処を私の体験談をもとにお話しします。


  • 熱中症対策に準備万端にしていた

  • 熱中症対策に準備万端にしていた
  • 私は社長秘書を長くしているので、商談の同行をする事が良く有りました。
    商談の場所は社外が多く、一日中会社にいない時も有りました。
    商談の場所は都内のホテルが多く、涼しい場所でした。移動手段は地下鉄や徒歩が多く、外を歩く事も有りました。

    私は真夏は熱中症対策やクーラー対策等、毎日小旅行にでも行くのかと思うくらい荷物をたくさん持っていました。商談や会食には、飲み物も出ますが、商談中に冷たい飲み物ばかり涼しい部屋で飲むと身体は冷えきってしまいます。クーラー対策に薄いカーディガンやストールや、汗をかいた時に着替えるアンダーシャツ、タオルは常に二枚は持ち歩いていました。それに加えて、水分補給用のスポーツ飲料や飴玉や小さな菓子等もいつもバックに入れていました。
  • 夏バテ予防のメニュー

  • 夏バテ予防のメニュー

    出典: instagram.com

  • 私の会社の社長は、六十代男性で元気な方でした。海外から帰って来て、疲れと暑さが重なり夏バテをしていました。 

    社長は夏バテで無くても朝食はほとんど食べ無いので、昼食は食欲が出て身体に優しいメニューを私が提案して食べに行きました。

    あっさりしただし汁の手打うどんや、煮魚や刺身の定食やお寿司等でした。社長の胃腸もだんだん回復して食欲も戻って来ました。

    私も一緒に夏バテ予防のメニューを頂けて一石二鳥でした。
  • ある炎天下の日の出来事

  • ある炎天下の日の出来事
  • その夏のある炎天下の日に、京橋の会社から東京駅に向かう時に日差しが強いので私は日傘をさしていました。社長は帽子も被らずに、歩きました。私は東京駅までなら近いから大丈夫かなと高をくくっていました。元々元気な方で冬は薄着で歩くのも誰よりも早い方だったので心配はしませんでした。

    ところが東京駅に着いて二人で地下街を歩いていたら、社長が立ちくらみを起こしてしまいました。すぐに、地下街の喫茶店に入り椅子に座らせ冷たい水を飲ませました。

    炎天下を歩いて来たので、熱中症になりかけたのでは無いかと私は感じて、冷たいおしぼりを社長の頭や首筋に当てて薬局に走りました。薬局でスポーツ飲料と使い捨ての冷却パックを幾つか買って社長の元に急ぎました。おしぼりは、もう冷たく無かったので冷却パックを頭や首筋に当て、スポーツ飲料も少し飲ませてみました。

    しばらくすると、だいぶ楽になったようでした。首の後ろや後頭部をすぐに冷やしたのが症状の改善になったようでした。
    その日は社長は、会社に行く前に寄り道もしていたので1時間くらい太陽に当たっていたようでした。それからは、社長は必ず帽子を被り首には繰り返し使える冷却パックを巻いて毎日出社しています。
夏バテの改善には食欲が出るメニューを
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事