夏バテは健康管理をしっかりすれば予防できる

夏バテは健康管理をしっかりすれば予防できる

Thumb?1414295452 muah♪さん

503

日本は毎年猛暑日が増え、食欲不振や不眠、体がだるいことや頭痛、嘔吐などの症状があらわれる夏バテになりやすくなっています。予防は夏前からしておくべきです。


  • 夏バテになる原因

  • 夏バテになる原因
  • 現代の日本は毎年最高気温が上がり、猛暑日が増えています。そんな中でも外で運動をしたり仕事をしたりしなければなりません。人間は気温が上がり過ぎると、夏バテという症状にかかります。

    夏バテは、気温が高いことに体がついていけず、食欲不振や不眠、体がだるいことや頭痛、嘔吐などの症状があらわれます。

    普段から水分を摂らないとか、アルコールをよく飲むとか、偏食が多いとか、あまりお風呂に入らないとか、運動不足であるとか、エアコンの効いた場所に長時間いるとかいうような人は、かかりやすいです。
    このようなことが、脱水症状と自律神経失調症、それに栄養不足を引き起こし、夏バテになるのです。
  • 夏バテは侮らずに対策を

  • 夏バテは侮らずに対策を
  • 夏バテ自体は症状が軽いので、そこまで深刻に考えない人が多いですが、そこからくる体調不良が病気につながることがあります。特に、子どもや高齢者などは、免疫や抵抗力が低くなり、病気にかかりやすくなります。

    元気な大人も夏バテの状態で放置しておくと、集中力や体力が低下し、仕事に支障をきたしたり、事故やケガをする可能性もあります。

    そこで、夏がくるまでに、できるだけ夏バテしないように予防したいと考える人は多いでしょう。

    予防は夏前からしておくべきです。
  • 夏バテの対策・予防方法

  • 夏バテの対策・予防方法
  • では、予防方法は何かというと、ひと言でいえば、「四季を問わず、日常生活での健康管理をきちんとする」ということです。
    特に夏は、暑くて食欲がないからといって食事を抜かず、3食きっちりと食べることと、汗をかくので水分をしっかり補給することです。

    タンパク質とビタミン、ミネラルを、果物や野菜、豚肉などからきちんと摂ります。食欲がないときは、あっさり味にするか、スパイスをきかせると食べやすいです。暑いとアルコールが美味しいという人もいますが飲み過ぎは負担になります。

    そして、シャワーだけの入浴ではなく、お風呂にきちんと入って体を休ませることです。自律神経も整える機能があります。疲れも取ってくれます。
    暑さで眠れないときは、我慢するとずっと眠れなくなり寝不足になるので、入眠までの間だけゆるいクーラーをかけますが、タイマーを必ずセットすることで、長時間クーラーをつけずにすみます。

    夏に運動をすると、熱中症になる場合もあるので、朝早いうちか、日が沈んだ夕方や夜に軽い体操やウォーキングをすると良いです。こまめに水分を摂ることを忘れないようにしてください。
    無理や我慢は危険ですが、できることから少しずつ変えていき、増やしていくことを心がけていけば、健康管理だけで夏バテを予防できます。
夏バテは健康管理をしっかりすれば予防できる
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事