夏バテに効果のある食べ物、うなぎ

夏バテに効果のある食べ物、うなぎ

Thumb?1414295452 muah♪さん

476

夏バテに効果があるといわれるうなぎ。その理由とはなんなのでしょう?


  • 夏バテに効果があるといわれるうなぎ

  • 夏バテに効果があるといわれるうなぎ
  • 夏バテには、うなぎが効果があるといわれるのは、本当は土用の丑の日に、うなぎの売り上げを上げるための宣伝なのだと、まことしやかにいわれることもあるのですが、実際にうなぎは、夏バテ予防に効果的な食べ物というのが事実です。

    夏バテ対策としては、必要な栄養をバランスよくとることがポイントとなります。しかし、暑い夏場は、ただでさえ疲れやすくて、体がだるくなるものです。

    そのような状況で、バランスのよう献立を考えて、食事の用意をするということは、気持ちの上でも大変です。

    そこで、うなぎの出番となるのです。
  • うなぎの栄養素と歴史

  • うなぎの栄養素と歴史
  • うなぎには、体にとって大切なビタミンA・B1・B2・E・Dといったビタミン群はもちろん、ミネラル成分や美容に必要なコラーゲン、カルシウム、鉄分・亜鉛、DHA・
    EPAなど、夏バテ防止に最適な栄養が豊富に含まれています。特に夏場は、汗をかくことでビタミンB1が不足しがちになりやすく、ビタミンB1が不足すると、血液中に乳酸が増えて、これが夏バテの原因のなるといわれています。乳酸が増えると、疲労感が増加してしまうからです。

    ただし、うなぎにはビタミンCだけは含まれていません。ビタミンCは、日焼け対策にも必要な栄養素となりますので、併せて一緒に摂るように心がけましょう。
    ビタミンCは、ゴーヤやピーマン、モロヘイヤなどの食べ物に多く含まれています。

    これまでご紹介しましたように、うなぎはただの宣伝ではなく、夏バテ予防のきちんとした根拠がある食べ物となります。ビタミンCと併せて摂ることによって、夏バテ知らずのパワー食となり得る食べ物なのです。
    日本では、江戸時代から続くスタミナ食となります。そもそも土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、江戸時代の学者である平賀源内が、鰻屋の宣伝用に「本日土用の丑の日」と書いたのが、評判を呼んだことから始まったとされています。
    土用の丑の日にかかわらず、うなぎを食べて夏バテにならない健康的な夏を過ごすようにしましょう。
  • 美容効果も期待できる

  • 美容効果も期待できる
  • 前述しましたように、ウナギには、美容に不可欠となるコラーゲンも含まれているのですが、特に、ウナギの皮の周辺に含まれる栄養素となります。
    鶏肉の手羽などにも多く含まれるコラーゲンなのですが、運動量の多い体の部位ほど、良質なコラーゲンが作られるという特徴があります。
    ゆえに、全身を使って泳ぐウナギには、良質なコラーゲンが豊富に含まれるというわけです。
    夏バテ対策・美肌づくりのためにも、ウナギは皮ごと食べて、しっかり体に取り入れることができる有益な食べ物となります。

    また、ビタミンAの含有量は特に豊富であり、100gあたりの量が牛肉の200倍あるとされています。
    成人の1日に必要なビタミンA量が、蒲焼1枚で十分摂ることができる食べ物となります。
夏バテに効果のある食べ物、うなぎ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事