自律神経の乱れから、めまいなどの症状が起こる夏バテ

自律神経の乱れから、めまいなどの症状が起こる夏バテ

Thumb?1414295452 muah♪さん

587

夏バテを起こした場合、物事に対する意欲が減退するだけでなく、頭痛や食欲不振、めまいなどの症状を引き起こします。夏バテを克服する方法を紹介していきます。


  • 夏バテが起こる原因

  • 夏バテが起こる原因
  • 生物の身体は一定の温度を保つ事で健康を維持する事ができます。人間の身体はその約60パーセントが水分で構成されていますので、特に夏場は「熱」に気を付けなければいけません。

    夏場には夏バテを起こす人達が存在していますが、夏バテとは熱により自律神経に生じる体内機能の低下です。
    夏バテを起こした場合、物事に対する意欲が減退するだけでなく、頭痛や食欲不振、めまいなどの症状を引き起こします。悪化すれば吐き気などの症状も生み出しますので注意が必要です。

    こうした症状は自律神経の乱れが原因で起こるものですから、一概に身体を冷やせば治ると言うわけではありません。場合によっては冷たい物のとり過ぎや、クーラーによって自律神経に不調が生じている事もあるのです。
  • 栄養を補給したり、診療を受ける

  • 栄養を補給したり、診療を受ける
  • 夏バテを克服する場合、まずは身体のバランスを整える必要があります。
    急激に寒い場所や熱い場所に出て身体の調節機能を壊さないようにしましょう。まずは休息をとり、ビタミンやたんぱく質と言った身体に不足している栄養価をとる事が大切です。
    特に食欲が低下している場合は、無理に食事をとるのではなく、サプリメントで補うようにしましょう。

    頭痛や吐き気、めまいが慢性化している場合、病院で医師に診断してもらうようにしましょう。
    一般的に夏バテは熱中症と一緒くたにされがちです。両方とも夏の暑さをきっかけに発症するものであり、めまいや吐き気など症状も重なる部分がありますが、治療方法や回復過程には違いがありますので、相違を良く押さえておきましょう。
  • 体温調節やビタミンを摂ることも大切

  • 体温調節やビタミンを摂ることも大切
  • 熱中症は身体の温度を冷ます事で回復させるのが一般的ですが、夏バテは急激な温度の低下が身体に不調を引き起こす事もありますので注意が必要です。
    夏バテに苦しんでいる場合、できるだけ「温度変化」を少なくするようにしましょう。例えば通勤通学途中でクーラーに当たる場合、温度変化が少なくなるように、一枚羽織る物を持ち歩くようにしましょう。身体の体温調節機能を整えるためにも大切なポイントです。

    他にも、身体に疲労を溜め込まないためには、ビタミンの摂取が欠かせません。夏バテを起こしやすい方は、夏が近づいた時期に積極的に野菜を摂取するようにしましょう。
    こうした取り組みが、めまいなどの症状を抑える事に繋がります。

    同時に、発汗は人間が自ら体温を調節する上で大切な機能ですから、夏場が近付いた場合、しっかり運動して汗をかくようにしましょう。正常な発汗が機能していない方は、夏バテになりやすい傾向がありますので、注意が必要です。
自律神経の乱れから、めまいなどの症状が起こる夏バテ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事