寝不足の解消が夏バテの症状を改善する近道

寝不足の解消が夏バテの症状を改善する近道

Thumb?1414295452 muah♪さん

660

暑い夏がやってくると、体は体温を一定に保とうとしてエネルギーを消費し、疲労はどんどん蓄積され様々な症状を引き起こします。いわゆる夏バテです。それを解消するには、何よりもまず体を休ませることです。


  • 暑さによる疲労

  • 暑さによる疲労
  • 暑い夏がやってくると誰もが、一日の終わりに大きな疲労感を覚えることと思います。それまでと比べて特に変わったことはしていないのに、どうして暑くなるとこんなにも疲れを感じるのだろう、と疑問に思われる方も多いでしょう。

    実は疲労の原因は、まさにその「暑さ」なのです。

    気温が高くなると、体は体温を一定に保とうとしてエネルギーを消費します。当然、温度が上がれば上がるほどその消費量も上がります。結果として疲労として残っていくわけです。
    夏になるとそのような状態が毎日のように続くわけですから、疲労はどんどん蓄積され、様々な症状を引き起こすことになります。

    いわゆる「夏バテ」です。
  • 疲労回復には睡眠が最も大切

  • 疲労回復には睡眠が最も大切
  • 夏バテの症状としてまず現れるのは、疲れからくる倦怠感、食欲不振です。暑さのせいで体内で消費されたエネルギーを取り戻すためには、毎日の食事は必要不可欠です。しかし、エネルギーの不足が食欲までも奪うという悪循環に落ちてしまう、それが夏バテの怖さです。

    それを解消するには、何よりもまず体を休ませて疲労を取り除くことでしょう。
    疲労回復には何と言っても睡眠が最も大切です。逆に言えば、適切な睡眠時間を欠かさず続けられていれば有効な夏バテ対策になりえるのです。
    しかしながら、夏になるとこの適切な睡眠時間をとることができず、寝不足になってしまうという方が多いことと思います。夏バテの症状がすぐに治らないとされる理由はそこにあります。

    夏、いわゆる熱帯夜になると、人は暑くてぐっすりと眠ることができません。
    いくら早めにベッドに入っても、一晩中寝付けずに寝返りばかり打っているようでは、疲労を取り除くことはできないでしょう。
    かといって冷房をつけたまま眠ると、睡眠をとれたのに朝起きて倦怠感を感じてしまうなどということもあります。これは高温の状態から冷やされたことで、体内の調節機能のバランスがおかしくなってしまうことが要因です。
    私たちはこのようなことを起こさないためにも、できるだけ快適な睡眠をとり、寝不足にならないようにする必要があるのです。
  • 暑い夏の夜でも快眠するためには

  • 暑い夏の夜でも快眠するためには
  • 暑い夏の夜でも工夫しだいで快眠することは可能です。

    たとえば冷房ならば、25度前後に設定して心地よく入眠できるようにします。タイマー機能を使って朝まで冷却するのを避け、除湿モードなども活用すべきです。

    寝る前に「ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる」「あたためた牛乳を飲む」など、昔から良いとされていることはいつになっても有効な方法です。最近になって注意すべきはスマートフォンの使用でしょう。近頃では多くの人が、眠る直前までスマートフォンの画面を眺めていることがあるようです。これは神経を高ぶらせるため寝付きを悪くすると言われており、控えるべきだと言えます。

    他にも方法はいくつもありますが、いずれにしても夏を乗り切るために必要なのは、しっかりと睡眠をとるという意識を持つことだと言えるようです。
寝不足の解消が夏バテの症状を改善する近道
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事