夏バテの時期に考えたい猫の体調管理とエサの管理

夏バテの時期に考えたい猫の体調管理とエサの管理

Thumb?1414295452 muah♪さん

636

猫は体温調節が人間よりも苦手であるため、特に夏は閉め切った部屋での留守番で、熱中症を引き起こしやすくなり大変危険です。


  • 猫の留守番中の夏バテや事故に注意

  • 猫の留守番中の夏バテや事故に注意
  • 猫は体温調節が人間よりも苦手であるため、室内猫の場合は涼しく湿度の快適な環境を飼い主が与える必要があります。日当たりの良い場所と涼める場所を自由に行き来できるような状態にしておくのが理想です。
    猫は環境の変化にストレスを感じやすい反面、孤独には比較的強い生き物と言われています。飼い主が家を空けることも2日間くらいの期間なら留守番をすることも可能です。

    しかし、留守番させる際には細かい配慮が必要となって来ます。
    特に夏は閉め切った部屋での留守番で、熱中症を引き起こしやすくなり大変危険です。

    留守中の温度上昇を防ぐため、エアコンを使用するならば除湿運転で29℃から30℃くらいの人間より少し高めの温度に設定しておくのが良いとされています。停電などにも備えて涼しい場所の確保も必須となります。扇風機は、倒したり足を入れたりしないような工夫が必要です。
    比較的涼しい玄関や風呂場などを解放する時は、風呂の水が完全に抜けていることを確認しておくことを忘れてはいけません。思わぬ事故につながります。
    飲み水も十分な量準備しておかなければなりません。誤ってこぼしたりしても足りるように、複数個所に置いておくことが大切です。
  • エサは十分な栄養が摂取できるように

  • エサは十分な栄養が摂取できるように

    出典: instagram.com

  • 猫の夏の留守番についての注意を述べましたが、普段の生活の中でも長期の夏の暑さによって猫も人間と同じ夏バテのような食欲不振を引き起こすことがあります。
    これは暑さで体力を消耗しているために、なるべくそれ以外の動きによる消耗を抑え運動量や食欲が低下している状態です。

    このような時は、少量でも十分な栄養が摂取できるような高カロリーなエサを与えるようにするのが良い方法です。好みそうなものを時々与えるようにしましょう。
    もちろん高カロリーのものを欲しがる時に好きなだけ与えていたら肥満になりますので、注意が必要です。
  • 毎日の体調管理やエサの管理を

  • 毎日の体調管理やエサの管理を

    出典: instagram.com

  • また、食べたい時に少しでも食べれるようにと置きエサにするのも避けていつも新鮮なエサを与えるようにこまめに取り換えて下さい。
    夏場はエサがいたみやすく、長時間置いておくとこれも体調不良へとつながるからです。ウェットフードは置いておくとあっという間に腐敗が進んでしまいます。食べ残しは保存せずに処分するようにしてください。

    ドライフードでも長時間の放置は酸化を進行させることになりますので、こちらもある程度の時間が経過したら片づけるように心掛けが必要です。開封後のエサは密閉して冷蔵庫で保管しておく方が酸化を防ぐことができます。

    このように猫の飼い主は、夏の暑さでペットが苦しまないような工夫が必要となります。
    毎日の体調管理やエサの管理も飼い主の責任ある仕事となります。早めに対策を考えておきましょう。
夏バテの時期に考えたい猫の体調管理とエサの管理
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事