夏バテした猫のポイントとなる食事内容

夏バテした猫のポイントとなる食事内容

Thumb?1414295452 muah♪さん

677

ペットとして飼育されている猫は体温調節となる発汗機能が弱いため、夏バテになりやすくなっています。


  • 夏バテ予防で温度管理や水分補給を

  • 夏バテ予防で温度管理や水分補給を
  • ペットとして飼育されている猫の場合、体温調節となる発汗機能が乏しいために夏時期にはダルい、食欲不振などの夏バテを誘発してしまいやすい特徴を持っている動物です。

    夏の蒸し暑い時期には室内飼いが基本ですが、風通しのよい空間作りも飼い主には求められており、さらに身体を舐める毛繕いや舌を出す呼吸により体温調節を行っているためにこまめに水分を補給させることも重要な点と言えます。

    気温が高くなる夏時期には飲水量がままならないと猫も脱水症状に陥りやすくなり、体内の水分5%を失うことによって体調不良などの夏バテに繋げてしまいます。飼い猫が夏バテなどの症状に陥らないためにはまず、こまめな水分補給を促すことです。
    食事で含まれる水分量と猫の体格から最低限必要な水分量は補給させる必要があり、体重1kgに対して50mlを超えた補給は多飲からくる腎機能の低下などのリスクが高くなるために注意が必要となります。
  • キャットフードなどのエサ

  • キャットフードなどのエサ

    出典: instagram.com

  • さらに食事で気を付けたいのがキャットフードの種類にもあり、夏バテで消化機能が低下している身体に負担となる重たい食事内容は避け、さらにドライタイプは水分含量が少ないためにウェットタイプを選ぶことも飼い主が心得おきたい点です。

    猫の場合には犬と異なり食事量や回数などに違いがあり、例えば夜行性であることから夜に頻繁にエサを食べる点や、食べ過ぎるほどの量を大量摂取することはなく、細かく回数を分けて食事を摂取する動物でもあります。
    夏バテでは食欲不振に陥りやすいため、栄養不足から肝リピドーシスなどの病気を誘発させることもあるために食事内容に注意を払う必要があります。
  • エサを手作りするときは

  • エサを手作りするときは

    出典: instagram.com

  • キャットフードには必要な栄養素がバランス良く含まれていますが症状によって食べない場合には、手作りの食事で回復を図るのも対策と言えます。
    もちろん、猫にはネギ類やチョコレートなどの与えてはならない食材もあるため注意が必要ですし、全ての食材は生ではなく加熱調理が必要です。

    消化吸収にも体力を使うために消化の良い水分量の多い食事を提供するのが適しており、必須アミノ酸や脂肪酸などのエネルギー代謝を促す鶏を使用したスープ、ミネラル豊富な海藻エキス配合スープなどをキャットフードに混ぜて与えることでエネルギーに変えることができます。

    ここでポイントとなるのが夏バテを回復させるためのエネルギー源となる炭水化物であるパンやご飯などの調理であり、猫の腸はこの炭水化物の消化には向いていないためにミキサーなどで柔らかく調理することもポイントであり、特に高齢の猫の場合には腎臓に負担を掛けない食事提供も飼い主の役割です。
夏バテした猫のポイントとなる食事内容
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事