猫も日差しで夏バテになる

猫も日差しで夏バテになる

Thumb?1414295452 muah♪さん

695

人間同様、猫でも夏バテになることがあります。室内で留守番させるときなどは、特に注意が必要です。


  • 猫でも夏バテになる

  • 猫でも夏バテになる
  • 猫と言えば日差しと共にあるイメージです。寒い冬なんかに見ます。
    では夏はどうでしょう。夏は日差しを避けて日陰に居ますね。これでうまく体温調節をしていると思いきや、猫でも夏バテになるのです。
    最も注意すべきは、室内で留守番させるときに起こる夏バテです。

    まずは、夏バテの原因について考えます。

    動物は冬毛と夏毛があります。これは寒い冬を乗り越えるための方が注目されていますが、実は夏も毛の量を減らして暑さをしのいでいるのです。ゆえに毛のブラッシングをさぼってしまうと、熱がこもって夏バテになりやすいのです。
  • 留守番中の猫の夏バテに注意

  • 留守番中の猫の夏バテに注意

    出典: instagram.com

  • さらに夏バテと言えば、水分不足が思い当たりますよね。猫もこれが原因となるのです。
    先程の室内飼いという点で注意すべきは、水の確保なのです。外にも出している猫なら自分で飲み水を探すでしょうが、部屋で飼っているとそうはいきません。大抵飲み水は器に用意されています。
    猫を留守番させるときに、ある一部屋に水とトイレを用意してそれで十分だと思う人もいるでしょう。ところが、その器をひっくり返したらどうなりますか。猫は飲み水を失うことになります。短時間の留守番ならば大丈夫ですが、旅行中となったら大問題です。

    さらに夏場は、その日差しが問題になります。留守番させるなら当然密室になります。そこへ日差しが容赦なく降り注ぐのです。人間でもこんな状態なら夏バテになるのですから、猫はさらに危険な状態になります。
  • 猫の夏バテ対策

  • 猫の夏バテ対策

    出典: instagram.com

  • では、夏バテ対策を考えていきます。

    まずはブラッシングです。これをこまめにしてあげて、毛の量を減らしましょう。長毛種ならなおさらです。
    次に夏バテ予防の重要な要素、飲み水の確保です。猫はできるだけ様々な部屋を行き来できるようにしましょう。そうすれば、自分の飲み水をこぼしてしまっても台所などに行って水を探すことができます。また、飼い主としても意識して飲み水を用意しましょう。風呂場や台所などに水を張った器を置いていると安心です。つまり、水飲み場を複数用意することが重要なのです。

    そして、さらに意識しなければならないのが日差しです。留守番をさせるときにずっと家中のクーラーをつけておくわけにはいきません。日差しを防ぐには、カーテンを閉めるだけで事足ります。しかし直接日差しに当たらないからと言って安心はできません。
    熱は確実に室内に侵入してきます。例えば一部屋だけクーラーをつけておく、ペット用の冷却シートを設置しておくなど、どこか涼めるところを作っておくべきです。全部涼しくすると逆に寒がって体調を崩すことがあるので、一部屋だけで十分です。

    猫の夏バテについて、少しでも理解が深まったでしょうか。これを参考にして、快適なペットとの生活を楽しんでください。
猫も日差しで夏バテになる
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事