夏バテの防止、にんにくの効果とは

夏バテの防止、にんにくの効果とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

413

夏場には暑さに対する疲労などから食欲が落ち、大事な栄養や水分が不足しがちになります。夏バテ防止の効果があるといわれるにんにくを取り上げていきます。


  • 栄養が豊富なにんにく

  • 栄養が豊富なにんにく
  • 夏バテ防止には、にんにくが良いという話はよく聞く事と思います。多少イメージが先行している感がありますが、それでも夏バテ防止の効果は紛れも無い事実だと言えるでしょう。

    にんにくは非常に栄養が豊富で、しかも美味しく食べられる食材です。にんにくの持つ夏バテ防止効果の本質は、薬効という特別なものとして捉えるより、こういった優れた食材という面にあります。

    健康の基本は毎日の食事です。しかし夏場には暑さに対する疲労などから食欲が落ち、大事な栄養や水分が不足しがちになります。
    この不足の積み重ねが夏バテという形として現れるのですが、対処法自体は原因から見ると簡単な事です。
  • 食欲を刺激する効果

  • 食欲を刺激する効果
  • 香り良い食事を選び食欲を刺激することや、ビタミンなどの不足しがちな栄養がしっかりと含まれているものを食事に選ぶ事が基本と言えます。
    そういった意味で、食欲増進効果があり栄養も豊富な食材であるにんにくは、夏場にはうってつけの食材と言うことが出来るでしょう。

    しかし、もちろん摂り過ぎは良くありません。
    何故ならビタミンなどはまとめて摂取しても体内に蓄積されるものでは無いからです。毎日の食事で、適度に食べられるよう工夫をすることが、夏バテ防止には大事な事だと言えます。
  • にんにくを食べるときの注意点

  • にんにくを食べるときの注意点
  • にんにくは臭いや風味が独特な、特徴のある食材です。
    そのためイメージが先行している部分が多くあり、しばしば誤解されていると言えます。
    その誤解の中で一番のものは、生にんにくを食べると言ったことでしょう。ここで言う生とは、加熱、もしくは漬け込んだりしていない皮を剥いたばかりの事をいいます。
    一般的な迷信に、刺激が強い方が薬効があるのでは無いかという考えがあります。
    例えば海外の一部では、玉ねぎの刺激が目の薬になると考えられている地域もあります。
    日本の現代知識を持っている方には、玉ねぎの汁を目薬にするという考えが危険なものだと言う事は判別出来る事と思います。

    しかし、食文化としてのにんにくの歴史は日本にとっては戦後の時代から始まった事もあり、未だ誤解が蔓延しているのです。
    ある食材を生で食べる事が有効なのは、加工により失われる有効な成分が多い場合です。にんにくの場合にはアリシンという成分が、加工により減ってしまう成分だと言えます。
    このアリシンは殺菌効果や解毒作用を期待できる成分ではありますが、摂り過ぎるとその強すぎる殺菌効果のため腸に悪影響を及ぼします。
    夏バテ防止の観点から見た場合、にんにくを生で食べる意味はまったく無いと言えるでしょう。
夏バテの防止、にんにくの効果とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事