食欲不振や疲労感などの症状を引き起こす夏バテ

食欲不振や疲労感などの症状を引き起こす夏バテ

Thumb?1414295452 muah♪さん

506

暑い夏に身体が対応しきれなかったりすることで脱水症状や栄養不足、自律神経の乱れなどが原因となって身体におこる様々な不調を夏バテと呼びます。夏バテの対処法や予防法について説明します。


  • 夏バテの主な症状

  • 夏バテの主な症状
  • 暑い夏に身体が対応しきれなかったり、暑い屋外とエアコンで冷えた室内の温度差で体力が消耗してしまい、脱水症状や栄養不足、自律神経の乱れなどが原因となって身体におこる様々な不調をまとめて「夏バテ」と言われています。

    夏バテの主な症状は、「頭痛」「倦怠感」「疲労感」「熱っぽい」「立ちくらみ」「食欲不振」「吐き気」「便秘」「下痢」「むくみ」「思考力の低下」「判断力の低下」「無気力」「イライラ」「不眠」など身体的症状だけではなく精神的な症状もあらわれます。
  • 夏バテになりやすい人の傾向

  • 夏バテになりやすい人の傾向
  • 夏バテは誰でもおこり得る症状ですが、「胃腸が弱い人」「虚弱体質の人」「神経質な人」「汗がベタベタしている人」「1日中、冷房の効いた室内で過ごしている人」「運動不足の人」「睡眠不足の人」「偏食気味の人」「冷え性の人」「代謝が悪い人」などが夏バテになりやすい傾向にありますので、注意が必要です。

    夏バテは病気ではないので、あまり深刻に考えていない人が多くいますが、脱水症状や胃腸障害、内蔵機能の低下などによって身体の疾患を招いてしまったり、自律神経の乱れから自律神経失調症になり、精神状態が不安定になって鬱病や不安神経症などを招いてしまうこともありますので適切な対応が必要です。
  • 夏バテの対処法や予防法

  • 夏バテの対処法や予防法

    出典: instagram.com

  • それでは夏バテの対処法や予防法について説明します。
    汗によって失われた水分やナトリウム・カリウム・カルシウムなどのミネラル、そしてスタミナをつけるためにもこまめに水分を補給し、バランスのとれた食事を1日3食取ること、外気温と室内の温度差が5℃以上あると自律神経が乱れてしまいますので、なるべく室内の冷房の温度は25℃前後に設定すること、しっかりと睡眠を取ること、などが夏バテ対策や予防に有効です。

    そして夏バテに効果のある食材があります。その食材とは山芋や納豆、オクラ、もずく、メカブ、なめこ、モロヘイヤなどのネバネバ・ヌルヌル食品、血液をサラサラにする青魚やナッツ、ごま、蕎麦、などの食材、その他にもウナギや卵、豚肉、玉ねぎ、キウイフルーツ、パイナップル、レモンなどの食材が効果があると言われていますので積極的に摂取することで対処・予防が出来ます。

    そして夏場はシャワーだけで済ませる人が増えますが、全身でなくとも半身浴でも良いので湯船に浸かり軽くストレッチして血行をよくすることも効果的です。

    このように夏バテの対処法と予防法は決して難しいことはありません。日頃の生活を見直すことで対処・予防できることがほとんどです。
食欲不振や疲労感などの症状を引き起こす夏バテ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事