食欲を増進させる食材で夏バテ防止

食欲を増進させる食材で夏バテ防止

Thumb?1414295452 muah♪さん

524

暑い季節、食欲がなくなったり頭痛がしたりといった症状に悩まされる夏バテ。夏バテにならないためにも防止対策をとる必要があります。


  • 夏バテの原因

  • 夏バテの原因
  • 夏バテの原因は、3つあります。

    1つめは、自律神経の乱れです。夏は、屋外などの暑い場所からエアコンの効いた屋内を出入りする機会が多々あります。そのたびに、身体は自動的に体温調節を行います。しかし、屋外と屋内の温度差が高ければ高いほど身体の体温調節機能が難しくなります。それによって、自律神経に支障をきたします。

    2つめは、胃腸の働きとの低下です。暑さを理由に、冷たい飲み物や食べ物を口にする機会が増えます。冷たい飲み物や食べ物は、内臓の温度を下げてその働きを阻害します。また、身体の内側から体温を奪って血流を悪くします。そして、むくみや冷えを引き起こします。

    3つめは、水分不足です。暑いと汗をかきます。そこで、汗をかきたくないがために水分の摂取を制限するケースが多々あります。加えて、発汗によって失われる分よりも水分の摂取量が少ないケースもあります。体内の水分が不足すると、熱中症の原因になります。

    以上の点から、夏バテにならないためにも防止対策をとる必要があります。
  • ビタミンB1とB2を多く含む食材と料理

  • ビタミンB1とB2を多く含む食材と料理

    出典: instagram.com

  • 夏バテ防止には、入浴方法や睡眠方法の工夫、食事内容の見直しをする方法があります。
    ここでは、食事内容の改善について述べます。

    食事内容の改善は、健康な身体を維持するうえで一番大切なポイントです。
    夏バテ防止に効果的な食材は、ビタミンB1とB2とクエン酸を含むものです。これらは、疲労によって体内に蓄積された乳酸を分解する働きがあります。それによって、身体の調子を整えます。

    ビタミンB1とB2を多く含む食材として、豚肉・レバー・納豆・豆腐・うなぎがあります。
    アリシンを含む食材一緒に調理すると、消化吸収が良くなります。なので、玉ねぎやにんにく、ニラなどと一緒に食べるようにします。
    代表的な料理は、レバニラ炒めや麻婆豆腐、肉野菜炒めです。
  • クエン酸を多く含む食材と料理

  • クエン酸を多く含む食材と料理

    出典: instagram.com

  • クエン酸を多く含む食材としては、酢・梅・グレープフルーツが挙げられます。
    これらの食材をうまく組み合わせて食事を作ることで、夏バテ知らずの毎日を送ることができます。

    暑い日が続くと、食欲が減退しがちです。しかし、酢や梅の酸味は唾液の分泌を促して食欲を増進させる効果があります。なので、積極的に食事に取り入れるように心がけます。

    また、酢や梅は夏野菜のトマト・きゅうり・セロリなどにも相性がよいです。夏野菜にも、夏バテ防止の役目を有しています。酢の物やあえ物として、食卓に添えると効果的です。

    さらに、水分の摂り方にも気を付けます。冷たい飲みものや炭酸飲料はひかえて、人肌程度のお湯を飲むように心がけます。
食欲を増進させる食材で夏バテ防止
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事