夏バテには食事による体調管理がおすすめ

夏バテには食事による体調管理がおすすめ

Thumb?1414295452 muah♪さん

508

夏になると気温が上がり、体がだるい、やる気が出ない、食欲が無い、よく眠れないなどの症状が出る夏バテになることがあります。夏バテの対策に非常に重要なのが食事による体調管理です。


  • 夏バテの症状と原因

  • 夏バテの症状と原因
  • 夏になると気温が上がり、毎年夏バテに苦しむという人は多いでしょう。最近では、日射病や熱中症と言った夏の気温が高い時期特有の症状がニュースでも大々的に取り上げられるようになってきましたが、これと言った重度な症状が無くても、夏バテになってしまうという人が多くみられます。

    夏バテの主な症状は、体がだるい、やる気が出ない、食欲が無い、よく眠れないなどがあげられますが、人によってその症状は様々です。

    主な原因は、夏の高い気温による体調不良ですが、最近は良く冷房が効いた室内と非常に高い温度の屋外との気温差などが原因と考えられる夏バテもあります。
  • 体の不調が継続する悪循環

  • 体の不調が継続する悪循環
  • これらの症状の場合は、とにかく悪循環に陥ってしまうことが、体の不調が継続する一つの要因と言われています。
    たとえば、企業に勤めている人の場合、どうしても建物内部のエアコンがきいた温度と外部の気温との激しい温度差で体調を崩してしまいがちになりますし、忙しくて水分補給が不十分だと脱水症状気味になってしまいます。

    更にそうなってしまうと食欲も減退してくるので、ますます栄養が不足してさらに夏バテの体のだるさや長引く疲れといった症状に拍車をかけてしまうことになってしまうのです。

    そこで、夏バテの対策に非常に重要なのが食事による体調管理です。
  • バランスの取れた食事を

  • バランスの取れた食事を
  • 夏場は特に食欲がなくなる人が多いので、冷たくてあっさりとした食事で簡単に済ますという人も少なくありません。もちろん、食欲のないときにそうしたあっさりしたものを食べるのも、胃腸を休める目的で有効ではありますが、夏の暑い日はついついそうした栄養の少ない食事に偏りがちです。日常的な栄養の偏りは夏バテをより一層加速させてしまいます。

    夏でもしっかりと栄養を取ることは非常に重要なことです。そうした食事の献立で体調管理をすることで、ある程度取れにくい体の疲れや食欲不振は解消することができます。
    また、冷たい食事を続けていると内臓が冷えやすくなりより一層疲れなどの症状が長引く原因の一つとなってしまいます。
    外気が暑いとつい体も熱いと勘違いしてしまいますが、意外に内臓は冷えているという場合が良くみられます。そうした時に起こるのが、体力の低下や体の疲れ、そして食欲不振といった代表的な夏バテの症状です。

    まずは、食事を栄養がしっかりバランスの取れた内容にすることを心がけるだけでも、非常に立派な体調管理になります。難しいことをするよりも、日々の食事の内容をしっかり見直してみましょう。
夏バテには食事による体調管理がおすすめ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事