夏バテの症状と解消法

夏バテの症状と解消法

Thumb?1414295452 muah♪さん

413

夏バテとは夏の身体の不調の総称で、だるくて疲れやすい、食欲がないなどの症状が起こってきます。ところが、最近の夏バテは、「暑さによる食欲低下」といった伝統的な夏バテと同じではないようです。


  • 冷房と外気の差で自律神経失調状態に

  • 冷房と外気の差で自律神経失調状態に
  • 夏バテとは、簡単に言えば、夏の身体の不調の総称です。
    高温多湿な日本の夏に身体はなんとか対応しようとしますが、それができなくなってしまった結果、「だるくて疲れやすい、食欲がない」などの症状が起こってきます。
    伝統的な夏バテの原因は、暑さからくる食欲の低下や食事の偏り、大量の発汗、睡眠不足といったものです。

    ところが、最近の夏バテは、「暑さによる食欲低下」といった伝統的な夏バテと同じではないようです。

    その違いは「冷房」です。
    冷房のきいた室内と蒸し暑い外を往復すると、身体はその変化についていけなくなります。
    その結果、身体が混乱し、自律神経失調状態になっていきます。
    身体は、5度以上の温度差に対しては温度調節機能がうまく働かないと覚えておくことが大切です。
  • 冷房による夏バテを防ぐために

  • 冷房による夏バテを防ぐために
  • 冷房の温度は、省エネの面からも28度がおすすめです。
    しかし、公共機関やオフィスの冷房は、なかなか自分ひとりでは調節できないのも事実です。
    そういう場合に備えて、カーディガンなどの羽織物を一枚持って、こまめに脱ぎ着することで、調節ができるのではないでしょうか。

    また、自宅などでは、冷房よりも除湿、さらには扇風機を併用するのもおすすめです。
    湿度が低ければ涼しく感じられ、風があると熱が奪われ涼しく感じます。
    しかし、直接身体に冷たい風が当たりすぎないように注意することが大切です。

    冷房以外にはどのような解消法があるでしょう。
  • 食事面での対策

  • 食事面での対策
  • 食事の面からいえば、冷たいものをたくさん一気に食べ過ぎたり飲み過ぎたりしないことです。
    暑い夏は、食欲が低下しがちになります。その時に、冷たいものを飲み過ぎると、胃液が薄まり、消化機能の低下を招いてしまい、余計に食欲が低下し、悪循環を招いてしまいます。
    少量でも良質のタンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく積極的に摂っていきましょう。
    豚肉や精製していない穀類、豆類などに多く含まれます。
    どうしても冷たいものが食べたい時には、サラダや果物もおすすめです。
    野菜や果物は、水分を多く含むため、体温を下げるだけでなく、水分補給にもなります。

    また、胃腸を刺激し、食欲を増進させ胃液の分泌を促す食べ物に、辛いものや香辛料、香味野菜などがあります。
    辛いものは、発汗による夏バテ防止効果も期待できます。
    レモンやお酢などの酸味も、食欲増進、疲労回復効果があります。

    ただし、食べ過ぎは胃腸を痛めるのでほどほどにしましょう。

    暑くて身体がもたないから、たくさん食べなきゃと冷房のきいた部屋でついつい食べ過ぎてしまい、夏ヤセではなく夏太りをする人が増えているようです。
    くれぐれも注意しましょう。

    また、暑いからと身体を動かさないと、汗をかきにくくなり、体温調節が働きにくい身体になっていきます。
    涼しい夕方などに少し歩いてみるなど適度な運動で上手に汗をかくとよいのではないでしょうか。
夏バテの症状と解消法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事