夏バテの症状と対策方法

夏バテの症状と対策方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

451

夏になると、暑さからつい夏バテになってしまうこともあります。そんな夏バテはきちんと原因を知り、対策をすることで十分防ぐことが可能なのです。


  • はじめに

  • はじめに
  • 夏になると、気分が高まり開放的になる一方で、暑さからつい夏バテになってしまうこともあるだろう。暑くてだるい、もう動きたくない、そんな風になるのはできるだけ避けたいところだ。
    そんな夏バテはきちんと原因を知り、対策をすることで十分防ぐことが可能である。夏を快適に過ごす為にも、ぜひ夏バテについて知っておこう。
  • 夏バテの原因と症状

  • 夏バテの原因と症状

    出典: instagram.com

  • まず、夏バテになるとどうなるのか、具体的な症状としてはめまい、たちくらみ、下痢などが代表的である。
    これらの原因は栄養や水分が不足したことによるものである。夏の暑さから食事をする気がなくなり、さらに胃の消化も悪くなる為、栄養不足に陥りやすい。水分に関しても、最近では十分に水分をとらずに過ごしてしまう人が増えた為、急に倒れて熱中症になるケースも少なくない。

    さらには、自律神経のバランスが崩れ、集中力の散漫、やる気の低下など、精神的な症状もでる。
    これらは、夏の暑い環境から急にクーラーの効いた寒い部屋に入ること、冷たい食べ物を沢山食べたりジュースをがぶ飲みするといった行為が原因である。胃に負担がかかるだけでなく、体温を急に変化させやすい。

    これにより、自律神経のバランスが崩れ悪化し、身体のあらゆるところに恐ろしい症状がでてしまうのである。
  • 夏バテの対策方法

  • 夏バテの対策方法
  • 夏バテの具体的な対策としては、まず水分をとること。とり方としても、がぶ飲みではなく、こまめにとることが重要である。
    こまめに飲むと胃に負担をかけず、さらに急な脱水症状にもなりにくい。喉が逆に渇いてしまうので、温かい飲み物はできるだけ避けた方がよい。水、お茶、または清涼飲料水などで十分に水分をとること。

    食事もこってりしたものではなく、さらっと食べられるものに工夫すると食べやすい。そうめんや野菜がおすすめである。魚なども栄養価が高い。

    最も大切なのは、自律神経のバランスを崩さないこと。先ほど延べたように急な温度変化はよくないので、クーラーはかけすぎないこと。寒い部屋に長時間いると、下痢も起こす。
    涼しむ方法として、扇風機で適度に風を当てるのがよい。団扇でもよいが、扇ぐ時に筋肉を使う為、そこから熱が発生してさらに体温が熱くなってしまう。打ち水や風鈴、グリーンカーテンなども涼しさを感じるのに効果があり、既に実証されている。

    暑い時は、とにかく夏バテに効果のある食べ物を食べたり、涼しくなる工夫をして夏バテを防ぐのがよい。くれぐれも体に負担のかかることはしない生活習慣が重要である。
    対策の方法は様々だが、どれも簡単にできて身近なものばかりである。少しでも対策してみることで、夏バテになることは防げるのである。
夏バテの症状と対策方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事