栄養士のおすすめ、夏バテにならない食べ物

栄養士のおすすめ、夏バテにならない食べ物

Thumb?1414295452 muah♪さん

540

毎日暑い日が続くと食欲が低下して体力が落ちて夏バテになってしまうことがあります。そんなときに効果的な食べ物をご紹介します。


  • 夏バテには内側からの対策が大事

  • 夏バテには内側からの対策が大事
  • 毎日暑い日が続くとついつい冷たいものや冷たい飲み物を摂取しがちです。そうなってしまうと食欲が低下して体力が落ちて夏バテになってしまいます。
    夏バテになったからでは遅いので、予防する事が一番の対策とされています。

    外の空気と体の温度差に気をつけて、エアコンの温度には気をつける事、お風呂に入るのがめんどくさくシャワ−だけにしないで、ぬるめのお湯でしっかり入浴する事、十分な睡眠をとることなどといった生活面の予防が大事とされています。

    しかしそれだけでは十分に予防しきらない場合が多いようです。
    体に気を使うだけでなく、内側からの栄養面も大事とされています。
  • 豚肉を効果的に摂取

  • 豚肉を効果的に摂取

    出典: instagram.com

  • 栄養士が夏バテ防止の食べ物としてよく言われているのは豚肉です。
    豚肉にはビタミンB1、B2をたくさん含んでいます。ビタミンB1、B2とクエン酸を摂取する事で身体を疲れさせやすくする乳酸をどんどん消化して、エネルギ―に変えてくれます。
    ビタミンB1、B2には豚肉の他にレバ−、枝豆、納豆、豆腐、うなぎなどがあげられます。

    またクエン酸は酢やゆず、グレ−プフル−ツや梅干しといった酸味のあるものが代表とされています。豚肉を冷しゃぶにしてポン酢をかけて食べるといったミックスした調理が一番理想的とされています。
    クエン酸は疲労物資エネルギ−に変えてくれる他に、汗のにおいも減らしてくれる夏には大変いい食材とされています。

    ついつい暑くてそうめんや冷やし中華といった炭水化物を摂取しがちですが、夏の暑い時こそしっかりと食べることが一番大事とされています。ビタミンCも夏バテによい食べ物でストレスを和らげる役目をしています。
    夏の野菜のかぼちゃやトマトといったものを摂取するとよいとされています。
  • 香辛料で食欲増進

  • 香辛料で食欲増進

    出典: instagram.com

  • どんなに食べ物があっても食欲がない。という場合には香辛料がおすすめです。
    香辛料の刺激で腸の運動が活発になり、中枢神経の動きが高まり、唾液や胃液といった分泌が増えて食欲がわいてき、腸が活発になっているので栄養の吸収も促進されていいとされています。

    食事をする際、食材やメニューも大事ですが、1日3食きちんと規則正しく食事をとることが大事とされています。たくさんの量を摂取できない場合は食べやすいビタミン・ミネラルを含んでいる果物系から食べる事や、果物やトマトなどといったものをジュ−スにする事でより摂取しやすいものになります。
    食事で摂取が困難な場合はサプリメントを摂取しながら少しずつ食事での栄養を取ること方にするなどといった無理のない食事の仕方が大事とされています。
栄養士のおすすめ、夏バテにならない食べ物
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事