夏バテにおすすめの食べ物、素麺

夏バテにおすすめの食べ物、素麺

Thumb?1414295452 muah♪さん

470

暑さで食欲がなくなってしまいがちな夏。そんなときに食べやすい素麺は重宝しますよね。オススメの食べ方を紹介します。


  • 素麺を食べるときはバランスも考えて

  • 素麺を食べるときはバランスも考えて
  • 素麺は、冷たくてのど越しもよいので、夏にはぴったりの食べ物となります。ただし、素麺だけの偏った食事はNGとなります。これは、同じめん類であるそばや、うどんなどにもいえることです。

    素麺は炭水化物ですので、体に必要な栄養素ではあるのですが、それだけを食べ続けるのはバランスが悪く、夏バテの原因となってしまいます。素麺を食べる場合には、1日を通してバランスよく食べられるように工夫したり、肉や魚との組み合わせを考えましょう。
  • 薬味と一緒に食べることで効果アップ

  • 薬味と一緒に食べることで効果アップ

    出典: instagram.com

  • 素麺を食べる場合には、薬味は必須となります。素麺に添える薬味としては、ネギにシソ、ミョウガ、ショウガなどとなり、風味も香りもアップして食が進みます。しかし、薬味はおいしさを引き立たせるというためだけではなく、夏バテ知らずの体を作ることができるからです。
    風味を増し、食材の美味しさを引き立たせる以外の、薬味の効果については、まず、爽やかな香りが食欲を刺激することによる、食欲増進効果があります。
    また、気温が高くなる夏に、薬味の持つ殺菌・抗菌作用で、カビなどの繁殖を抑えて、食中毒の予防効果もあります。
    さらに、ショウガや山椒、ゴマなどの薬味には整腸作用があり、唐辛子やショウガなどには発汗作用、ショウガやニンニク、ネギなどには、疲労回復などの効果もあるのです。

    素麺ばかり食べていると夏バテを引き起こすなどと、まことしやかに言われていますが、素麺に薬味をプラスすることで、夏バテ対策の食べ物となるのです。
  • 薬味となる食材の保存方法

  • 薬味となる食材の保存方法

    出典: instagram.com

  • 薬味となるネギやショウガなどは、傷むのが早いのが特徴となります。購入してなるべく早めに消費してしまうことが理想ではあるのですが、ここでは、素麺の薬味となる食材の保存方法について、ご紹介します。

    代表的な薬味となる「ネギ」は、小口切りにしたら、キッチンペーパーの上に広げて、もう1枚のキッチンペーパーでサンドします。そのままジップロックの袋に入れて、半日〜1晩冷蔵庫の中に入れておき、水分を吸わせてから冷凍庫に移します。この作業を施すことによって、切ったネギ同士がくっつかず、薬味として非常に使いやすい、サラサラとした冷凍ネギとなります。

    「ショウガ」は、冷蔵庫の中ですぐに乾燥してしまいます。そこで、洗ったショウガを、水は張ったタッパーなどに入れて、フタをして冷蔵庫で保存すると、フレッシュなまま保存することが可能となります。ポイントとしては、3日ごとに水をとりかえるようにすれば、長持ちさせることができます。上記のような保存方法を施せば、慌てて食材を使い切らなくても、毎食少しずつ薬味を楽しむことができるのでおすすめします。
夏バテにおすすめの食べ物、素麺
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事